『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

85話 偉大な王が壊れていく……

 85話 偉大な王が壊れていく……

『セン様……なぜ、あなたは……立ち向かえるのですか……そんな……誰よりも、ボロボロになって……誰よりも苦しんで……どうして……なんで……』

『俺にはお前らと違って保険があるからな。死んでも別の世界に転生するだけ。楽なもんさ。だから、死にビビることなく闘える。俺なんて、それだけのもんさ』

 神はいつも、雄大だった。
 超然としていた。
 飄々としていた。

 どんな絶望を前にして、
 『俺にとっては大した問題じゃない』と笑ってみせた。

 ――みんな、わかっていた。
 ――それが演技だってこと。

(たった一人に全てを負わせて……痛みの全てを押し付けて……)

 自分が情けなかった。
 『誰よりも苦しんでいる』のが『誰』なのか、
 キチンと理解できていたのに、
 ――なのに、ドナは、バグという地獄に抗いきれなかった。

 決して何もしなかったわけではない。
 『常人の精神力』では考えられないほど、
 ドナは、バグという地獄に対して抗ってはいた。

 しかし『常人と比べてどう』とか、
 そんな『比較の話』はどうでもよかった。

 ――そういう次元の話ではないのだ。

 どうにか抗おうとして、
 必死に心に喝を入れて、
 しかし、


『無理……絶対……』


 現実を前にすると、
 心が折れてしまう。

 ドナですら立ち上がれなくなってしまうほどの絶望。
 それがバグとの闘いだった。


 ――長い闘いだった。
 死の螺旋はまるでメビウス。
 すり減っていく希望。
 終わらない絶望。
 見えない未来。

 抗い続けた王は、
 日に日に壊れていく。



『偉大な王が壊れていく……壊しているのは……私だ……私があなたを壊している……』



 後方支援として、センを薬漬けにしていたのはドナだった。
 亜空間の生成や空間跳躍にたけている彼女こそが適役だった。

 ドナは『日に日に歪んでいくセン』を、
 毎日、毎日、その手で壊し続けた。

 『副作用がエゲつない薬』をブチこんで、
 『効果は高いが、しかし、肉体と精神に支障が出るタイプのバフ』を積んで、
 勝手な不安と、ほんのわずかな期待を押し付けて、
 人類の盾として酷使して、
 人類の剣として振り回して、

 ボロボロの姿になって帰ってくるセン。
 ズタズタの姿で戦場に帰っていくセン。

 ――『なんでまだ死んでいないのか』と、
   本気で不思議に思えるほどの無残な姿で、

 なのに!
 それでも!


『バフと薬が切れた……補充してくれ。今回は、いつもよりキツくしてもいい。この地獄にもだいぶ慣れてきた。俺は……まだ舞える』


 センは、まっすぐに、ドナの目を見て『自分を壊せ』と命令をした。
 誰よりも壊れて、
 誰よりも苦しんで、
 なのに、

 ――それでも、センエースは『自分以外』の『弱い命』のために戦い続けた。

 センエースは『死んでも、別の世界に転生すること』ができる。
 それはつまり、
 センエース自身には『今、ここで無理して戦う理由なんてない』ってこと。

 こんな『地獄のような状況』には背を向けて、
 さっさと自殺して、別の世界に転生すれば、
 穏やかで楽しい毎日を過ごせるってこと。

 だが、センエースは抗い続けた。
 すべての、弱い命のために、

 ――狂いながら、舞い続けた。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く