『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

79話 闇色天国。

 79話 闇色天国。


「なんだよ、これぇええ! もう、わかった! 夢だ! これは絶対に夢だ! ありえねぇからなぁあああ! 全部、全部、ありえねぇええ! こんなわけねぇんだぁあああ! もういいから、さっさとさめやがれぇえええ! こんなクソみたいな夢ぇええええ!」

 叫ぶ。
 叫べる。
 サックリと首を斬られているのに、
 なぜか、死んでおらず、
 今も、激痛の中で、絶望を叫んでいられる。

 ――そんなゴミスに、
 ドナが、

「ありがたく思え。私のゴールドスペシャル『闇色天国』について教えてやる」

 穏やかな声で、

「簡単に言えば、『私から拷問を受けている者は、私の許可なく勝手に死ぬことはできない』――そういうスペシャルだ」

「……ぁ……ぇ……」

「首を斬られようが、全身の血を抜かれようが、心臓や脳を粉々にすりつぶされようが、何がどうなろうが、私の許可がない限り、決して死ぬことはできない」

「……」

「ついでに、この亜空間の強度についても教えておいてやろうか。一言で言えば、貴様程度の存在値では、どうあがこうと、絶対に破壊できないよう調節してある。よって、何をしようと、絶対に逃げることは出来ない」

「……」

「極端に口数が減ったな。というより、意識を放棄しようとしている節が見える。ふむ……首が飛んだままだと、あまりにも現実感がなさすぎて、『悪夢である可能性』を捨てきれないか……仕方ない。首から上と精神を少しだけ修正してやる」

 そう言って、ドナが指を鳴らすと、
 ゴミスの頭部が、

「ひっ、ひぃいいいいいい!」

 ケ〇シロウに秘孔でもつかれたみたいに、
 メキメキっと膨れ上がっていき、
 最後には、
 ボォンッッ!!
 と、豪快に破裂した。
 破裂の間際――ギリギリの寸前まで、
 ゴミスは、頭部が膨らんでいく恐怖と、
 ハッキリとした激痛を感じていた。

 ――そして、その直後、
 『首から上をなくしていたゴミス』の『首』から、
 ギニョギニョっと、気味の悪い感じで、
 ゴミスの首が生えてきた。

「ばはっ! げへっ!」

 血を吐きながら、血走った目で、
 必死に呼吸をするゴミスに、
 ドナは、

「さあ、まだまだ地獄ははじまったばかり。というわけで――調教の続きといこう」

 そう言って、ドナは、ゴミスに近づいていく。

「ひっ……ひぃ!」

 逃げようとするゴミス。
 恐怖で心が真っ暗になっている。

 おかしくなりそうな頭を抱えて、
 それでも、どこかで、
 『この局面を乗り切ろう』と回転している、鍛えられた脳みそ。
 この胆力は、精神を修正されたから――という理由だけではない。
 闇社会で必死に生き抜いてきた者の意地。

(こ、こうなったら、犬のふりをするしかない……屈辱的だが……まずは、屈したふりをして、当面の安全圏にもぐりこむ……『全宮の革命派』についたところで未来なんてない。保守派が完全院に調停を依頼してあっけなく鎮圧。それが確定している未来。そして、そうなった時、悲惨な割をくうのは下っ端。わかっている、そんなこと。しかし、こうなった以上……うまくコウモリとして立ち回って『利』を奪い取る以外に方法はない……クソみたいなギャンブルだが……しかたがない)

 裏社会で、一つの巨大組織の代表として生きてきた経験は伊達じゃない。

 どうすれば、最終的な利を得られるか。
 その高速演算が立てられるから、ゴミスはシロアリの代表となった。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く