『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

78話 俺を喰らえ。

 78話 俺を喰らえ。


「貴様に許された選択肢は二つ。従順を貫いて手厚く飼われるか、反抗し続けて永遠に苦痛を味わい続けるか。以上。さあ、どちらを選ぶ?」

 あまりにも不自由がすぎる二択。
 そんな屈辱以外の何物でもない二択をつきつけられて、
 ここまで冷静さを欠かずに頑張ってきたゴミスも、
 さすがに、

「……な……なめんなよ……ボケが……こっちは……真摯に対応してやってんのに……さっきから……ナメたことばっか言いやがって……こっちにも……我慢の限界ってのが……」

 『自分をこんな状況に叩き落しやがった運命』に対する怒り。
 『この状況をどうにか出来るだけの力を持っていない自分』への怒り。
 『ふざけたことばかり言ってくるクソ女』への怒り。

「人間らしい『まともな話し合い』の一つもできないクソサイコパスがぁ……」

 理性で抑え込んでいたものが、グツグツと沸いて、
 神経が揺らいで、心に亀裂が入って、魂が歯ぎしりをして、

 ――だから、

「シアエガァァァァァァ!!」

 ゴミスは、バロールをにらみつけながら、そう叫んだ。
 できればやめておきたかった――最後の手段を選択する覚悟を見せる。

「俺をくれてやる!! お前の道具になってやる! だから、俺を喰らえぇええええええ!!」

 『このドナとかいうサイコパスは、確実に自分(ゴミス)を殺すだろう』――そう理解したからこその決断。
 Cレリックに飲まれてしまえば、
 基本的には自我を失い、Cレリックの道具になってしまう。

 道具の道具になるなど、絶対に嫌なのだが、
 しかし、このまま殺されるのも絶対に嫌。

 究極の選択。
 選ばせたのはドナ。

「さあ、シアエガ! 俺の全てを――」

 と、そこで、バロールが、

「すでにシアエガは、私とひとつになっている」

 なんの感情もない声で、そう言い捨てると、
 ゴミスは、

「なっ……ならば、その猿顔を食らいつくし、俺にのりかえろ! 俺の方が上位個体だ! そんな猿顔よりも、俺の方が強いに決まっている!!」

 言いながら、無防備にもドナに背を向けて、バロールに殴り掛かった。

 悪くない速度。
 キレも鋭さも、なかなか悪くない。

 ――だが、もちろん、

「私と踊っている最中に浮気とは……随分と勇気がある」

 ズパァっと、
 凄惨な音が響いた。
 脳内にビリビリビリィイイイっと、極悪な痛みが走った。

 視界がグルングルンになって、
 地面に激突して、
 そして、ようやく気付く。

 ――首をはねられた。


「あっ……あああ! あああああああああああああああ!」


 悲鳴がもれた。
 理解できなかった。
 恐怖とか、絶望とか、色々な感情の中で、

「体ぁ! 俺のぉ! ああああ! うそだぁああああ! ああああああ!」

 ゴミスの目線の先に、
 『首から上がなくなっている自分の体』があった。

「なんだよ、これぇええ! もう、わかった! 夢だ! これは絶対に夢だ! ありえねぇからなぁあああ! 全部、全部、ありえねぇええ! こんなわけねぇんだぁあああ! もういいから、さっさとさめやがれぇえええ! こんなクソみたいな夢ぇええええ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く