『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

76話 ゼノリカの目的。

 76話 ゼノリカの目的。


「正式に宣言する。ガタラの件は完全に忘れよう。正直、あいつの損失は痛手だが……完全に、なかったことにしよう。これは、こちらの誠意と受け取ってもらいたい。Cレリックも……本当の本当に、完全にあきらめるから。そっちで好きにしてくれればいい。どうせ、ハク付けとして所有していただけで、ないと困るものじゃない」

 Cレリックは性能が破格すぎて、ヤクザの日常生活においては使いどころがない。

 あくまでもハク付け、ステータス。
 あるいは、ちょっとした威嚇・牽制。

 結局のところは、その程度でしかない。
 あったほうがいいのは事実だが、
 ないと困ってしまうものではないのだ。


「正真正銘の全面降伏だ。俺はあんたに傅(かしず)く。俺は――シロアリは、ゼノリカに敗北した。もちろん、シロアリは、完全院の犬だから、完全院の勅命を受けてしまえば、ゼノリカと敵対関係になってしまう……その可能性はゼロではない。この点で嘘をつく気はない。だが、俺個人としては、あんたらと敵対はしたくない」

 必死になって、言葉を紡いでいくゴミス。
 『裏で何かを画策している』とか、そういうのではない。
 普通に、ドナやアモンが怖いので、歩み寄ろうとしているだけ。

 裏社会のトップ層だからといって――いや、だからこそ、血気盛んなオラオラ系ではいられない。
 生き残ることが、人生のメイン。
 リスクヘッジに無頓着なリーダーなど重荷でしかない――それがゴミスの信条。

「さあ、いい加減、そろそろ、そっちの望みを教えてくれ。もう、ここまで本音を晒したんだから、マジで、探り合いはやめよう。抽象的なごまかしは抜きで頼む。できれば、どこの所属の誰なのか教えてほしいんだが……言いたくないなら、それでもいい。Cレリックが欲しかっただけ……だというなら、それでもいい。とにかく、『目的』を――」

「シロアリの代表『ゴミス』の実力はいかほどか――それを確かめることが、メインの目標。もちろん、それだけではなく、他にもいくつか目的はある。天下に、この世界の『強者』の程度を教えること。単純に、強者から世界の情報を奪取すること。シロアリという組織が、どのように動いてくるのかを観察すること」

 ドナは、

「最も欲しかった情報はすでに得た。巨大反社組織の代表『ゴミス』――その推定存在値は『300』。戦闘力は『下の中』といったところ。Cレリックによる強化がなければ、天下でも充分に対処できるレベル」

 淡々と言葉を並べ、

「問題なくミッションを進めることが出来ると断定。あとは、貴様から、得られるだけ情報を奪い、ついでに、シロアリを奪い取る。完全院と実質的な繋がりがある貴様はエサとして生け捕り。『五大家とのパイプ』として、さほど使えないようであれば殺処分。以上」

「……」

「なにか質問は?」

 冷や汗を流すゴミス。
 『これは話し合いなど通じないパターンのアレだ』――とようやく気付いたがゆえの冷たい汗。

「……み、ミッション……とは……?」

 どうにか、口をついて出たのは、そんな質問だった。
 動揺と混乱と不安。
 色々な感情が、ないまぜになって、
 脳が震えて、それでも、必要な質問は出来るあたり、
 彼の先天的な胆力のほどがうかがえる。


「五大家の殲滅。使えない個体は皆殺し。使える個体は飼い殺し」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く