『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

70話 厳しすぎるドナ。

 70話 厳しすぎるドナ。

「このミッションには第三フェーズが残っていた。『バロールが敵として参戦する』という第三フェーズだ。貴様が、ゴミスを突破する打開案を見つけた直後に発動する予定だった。――バロールと私とゴミスを同時に相手にしなければいけない――そこまでいって、はじめて、貴様は逃走を考えなければいけなかった」


「……」

「強者の損失はゼノリカにとって不利益だが、『状況判断もロクに出来ない愚者』の排斥は、むしろ、ゼノリカにとって利益となる。ゼノリカに足手まといはいらない」

「……」

 ギリっと奥歯をかみしめるアモン。
 心の底から後悔が沸き上がってくる。
 グツグツと、黒い感情が、胸の中で渦巻く。
 歪な羞恥であったり、直接的な憤怒であったり、
 ――『厳しすぎるドナ』に対する『ガキらしい反発心』もゼロではないが、
 ――『認められていながら応えられなかった自分』に対する怒りもあって、

 だから、どうしたらいいのかわからない情動が、
 グルグルと、自分の中でうごめいている。

「十歳の子供を相手に、この極限査定。もちろん、厳しすぎるとは思う。しかし――」

「いえ……そこらの十歳児を相手にしているのであれば、確かに厳しすぎる査定だと思いますが、僕はそこらの十歳ではない。ゼノリカの天下、楽連の武士。督脈の15番……だから……」

 悔し涙をこらえながら、
 キっとした強い視線で、

「もうしわけございませんでした。僕の判断ミスです。ゼノリカの天下に属する者として、あってはならないミスを犯してしまいました……」

 そう言って頭を下げた。
 プライドが高いがゆえに、
 理の通った叱責を前にすれば、頭を下げずにはいられない。

 プライドが高いというのは、ワガママということではない。
 自分に対して厳しい――その器がなければ、プライドなど腐った生ごみ。

「どうか、もう一度……チャンスを……」

 そう言って、懇願しようとするが、

「二度目はない」

 冷たく切り捨てられる。
 ドナの目に温情はなかった。

 彼女はそういう女ではない。
 ゼノリカに対するヤンデレ。
 つまりは、この上なく尊き神を抱く組織の監査官。
 ――当然、『甘さ』など、カケラもない。

 打ちひしがれるアモンに、
 ドナは、

「今回の件で不合格をとった事実は覆らない。だが、金輪際チャンスを与えない――というわけではない」

「っ」

「貴様を、『エリアB』の『学園』に調査員として派遣する。そこで成果を出せば、貴様に対する評定を見直そう」

「……感謝します」

 そう言って頭を下げたアモン。

(最重要区画であるエリアAの外に……それも教育施設の調査員として……重要度は低い……下っ端の仕事だ……そこから始めるのか……)

 チャンスを与えられたことに対する喜びはなかった。
 『落ちぶれてしまった』という惨めさだけに支配される。

 掌握しきれない感情。
 まだまだ不安定な心。

 結局のところ、やはり、
 アモンは、まだまだガキなのだ。

「さがりなさい」

 命令を受けると、
 アモンは、一度、深く頭を下げてから、
 ドナの空間から脱出した。

 ドナがアモンに説教している間、
 ずっとトリップ顔で停止していたゴミス。

 ドナが、パチンと指を鳴らすと、

「――はっ」

 と、目に精気が戻り、

「な、なんだ……?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く