『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

60話 混乱がねじ曲がっていく。

 60話 混乱がねじ曲がっていく。

(アモンの発言が、すべてが事実なら、アモンのゼノリカ内での現状は下っ端で、アモンの願いは『九華という幹部組織への昇格』……九華十傑……その名称は、まさか、アモンの上位者が9~10人いるってことじゃ……ぃ、いやいや、さすがに、それはない! いくらなんでも、それは、妄想がすぎる。こんな圧倒的な強さを持つ者が二桁の単位で存在する組織など、五大家以外にあってはいけない……)

 時間の経過とともに、混乱がねじ曲がっていく。
 理解できないという領域から、理解したくないという領域にステップアップ。

 目の前にいる男――アモンは、間違いなく最強格の存在。
 この男がトップのはず。
 それが普通。
 それが常識。

 そうでなければおかしい。
 ゴミスを超えるほどの武を持つほどの男が、
 新興宗教で下っ端をやっているはずなどない。

 ゴミスは、この世界で最高格の存在。
 きわめて希少な超越者。

 完全院のランクの中でも、中の上に位置する超人。

 『そんな自分』――ゴミスを超えるほどの力を持つ者が、
 名前も聞いたことがない組織の下っ端でいるわけがない。


「アモン……俺は『お前の敵ではありたくない』と本気で思っている。だから、胸襟を開いて話し合おう。見栄やハッタリはなしで、スムーズに話し合いを進めたい」

「何が言いたいの?」

「Cレリックは諦めよう。ガタラの件もなかったことにする。お前は強い。ゼノリカ教というのがどういうものか、イマイチわからないが、おそらくは、それなりに大きな組織なのだろう。どこに潜んでいたのか知らないが……ここまで表に出なかったのは、なにか大きな理由があるのだろう」

 ゴミスは慎重に言葉を選びながら、
 頭の中で、情報を整理しつつ、

「シロアリとしては、ゼノリカと杯を交わしたいと思っている。無駄な争いはやめて、たがいの利益についてのみ考えようじゃないか。ウィンウィンの関係こそが、いつだって、世界の正解なんだ」

「その意見には賛成だね。ウィンウィンの関係が最も美しい。けど『そういう契約』って、お互いの力量が近しい場合にしか成立しえないんだよね」

 アモンは、ニヤニヤと小バカにしたような笑いを強めて、

「三下の犯罪組織ふぜいが、栄えあるゼノリカと対等に契約を結ぼうだなんて、はっ、ちゃんちゃらおかしくって笑っちゃうね」

「……言葉が過ぎないか? まさか、シロアリと完全院の関係を知らないわけではないだろう?」

 『シロアリが完全院の犬である事』は、もちろん、一般人は知らない。
 完全院は正義で、シロアリは悪。
 それが世界の常識。
 それこそが、完全院によって作り上げられた筋書き。
 単純明快なストーリー。
 シロアリという恐怖から守ってくれるヒーローが完全院。
 だからこそ、完全院に徴収される税金が高くなっても文句は言えない。
 搾取のフローチャート。

 ――だが、今、この瞬間において、
 ゴミスは『盲目なハリボテの常識』などかなぐりすてて、

「もう、探り合いはウンザリだ。本当に、腹を割って話をしよう。これから俺は、完全院の構成員として話を進める。お前の所属はどこだ? 全宮か? それとも罪帝か?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く