『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 積み重ねてきたものの差。

 57話 積み重ねてきたものの差。

「な……ナメんじゃねぇぞ! くそがぁああ!!」

 ゴミスは、慎重にアモンとの距離を詰めて、
 小技の削りや、発生の早い技での牽制を挟んで、
 丁寧に殺し合いをメイクしていこうとするが、

 アモンは、きわめて正確に、ゴミスの一手を処理していく。

「ナメずにお前と戦うのは……難しいなぁ。なんせ、ナメちゃいけない理由がないからさぁ。油断したら足元をすくわれてしまう相手……なら、こっちも、ナメないでおこうとか色々考えるけど……お前を倒すくらいなら、ぶっちゃけ、目を閉じていても出来るし」

 『大人をバカにしたガキ』特有のナメた事をほざくアモン。
 しかし、その対処は、子供とは思えないほど恐ろしく丁寧。

(す、鋭い……おそらく、肉体強度は同等……しかし、鋭さに差がありすぎる……)

 両者の間にあるのは、鍛錬の質と、費やした時間の差。
 ゴミスも、訓練はしてきた。
 これまでの人生で、それなりの時間を武にささげてきた。
 しかし、アモンがささげてきた時間は『それなり』ではなく全て。

 生まれた時から、ずっと、パメラノの英才教育を受け、
 楽連の武士になってからは、一日も休むことなく、
 『自分より強い者』との鍛錬を積み続けてきた。

 どんなに苦しくても、アモンは積んできた。
 『天上』を目指して、バカみたいに積み重ねてきた。

 だから、鋭さに差が出る。
 そして、その鋭さの差は、
 絶対的な差となって……


(強い、本当に強い! 強すぎる! パワーやスピードももちろんだが……戦闘力の質が極めて高い。間違いなく、ガキの姿はフェイク。この強さは……一朝一夕(いっちょういっせき)で身につくものではない。『長きにわたる研鑽』を必要とする『底』の深い強さ……いったい、どれだけの鍛錬を積んできたんだ……っっ)

 アモンは、生まれた瞬間から、パメラノの元で地獄の鍛錬を積み、
 ある程度の器ができた7歳のころ『楽連の武士』となった。

 周りにいるのは、強靭なメンタルと肉体を有する天才ばかり。
 誰もかれもが武の達人。
 ただの天才は一人もおらず、
 どいつもこいつも、イカれた精神力と向上心を持つ変態ども。

 まさに、休まないウサギ。
 驚くほどの速度で、わずかも迷わずに、黙々と走り続けるウサギたち。

 アモンは、そんな『変態たち』の先頭にいる。
 現状は、まだ、『先頭集団の一人』でしかないが、
 近い将来、『先頭』に立つと目されている超天才。

(積み重ねてきた重みが……伝わってくる。これは、才能ではない。いや、才能ももちろんハンパではない。しかし、それはあくまでも器。このアモンという男は……自分の器に、尋常でない努力を注いできた……)

 『どうすればもっと上にいける?』
 ひたすらに延々と『それのみ』を考え続ける狂気の集団。
 そんな中で、アモンは自分を磨いた。
 7歳のころは、まだ存在値が200前後で、楽連の上位陣には歯が立たなかった。

 しかし、プライドの高いアモンは、
 『ふざけた連中だ。どいつもこいつも、スゴすぎる。ああ、認めるよ。あんたらはスゴイ。ハンパじゃない。けど、僕よりはスゴくない。だから、負けるわけにはいかない』
 と奮起した。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く