『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 ようするに、アモンさえ倒せばオールオッケーってことだろ?

 55話 ようするに、アモンさえ倒せばオールオッケーってことだろ?

(ジャミをこえる……その発言の真意はどこにある……ジャミというのが、こいつより上位の強者ということか? いや、そんなわけがない……)

 たった一発くらっただけだが、
 しかし、これまで、山ほど修羅場をこえてきたゴミスにはわかる。

(このガキの姿に擬態している男……アモンは、ハンパではない超人……この男以上の強者など、そうそういるわけがない)

 さすがに、『完全院リライト』や『全宮テラ』には劣っているが、しかし、みたところ、アモンは、完全院リライト直轄の特別選抜部隊『クリムゾン・スターズ』の隊長クラスではある。

 つまりはこの世界における最強格。
 間違いなく雲の上。
 めったに出会えない稀代の超人。


(おそらく、ジャミというのは、ゼノリカ教が信仰している神……このアモンという男は、信仰対象の神を超えようとしている……そんなところか)


 と、
 『自分の中の常識』に照らし合わせて状況を分析していくゴミス。

 ある程度、現状の輪郭が見えてきた気になっているゴミスは、

(このアモンという男が相手では、ガタラなどひとたまりもない……)

 ガタラも相当の手練れだが、今回は相手が悪すぎた。
 アモンの強さは『限界の壁を越えた先』にある。

(これほどの強者となると……コスモゾーン・レリックに選ばれている可能性がある……が、まだ完全契約はしていない様子……)

 ゴミスは、シアエガと簡易の契約を交わしているため、
 シアエガの大まかな現在地が理解できている。
 シアエガは現在、あの猿顔に所有されている。

(部下に持たせているってことは……コスモゾーン・レリックに支配される気はないってこと……)

 具体的な風景が見えてくると、
 状況が綺麗に整理できてくる。
 ……あくまでも、ゴミスの中での話だが。

(……ようするに、このアモンという男を倒せば、ミッションクリアってことだな……)

 『考えるべき事案』は多そうに見えたが、
 実質的なところ、コトは単純で、
 敵の『総大将』であるこのアモンという男を倒してしまえば終了。

 あとはゼノリカの財産とシアエガを回収すれば終了。

 ――理解に届いたゴミスは、
 全身にオーラと魔力を充満させて、

「……久しぶりだな……結末の決まっていない、ガチンコの殺し合いをするのは……」

 これまで、仕事で抗争や決闘に興じることは何度かあったが、
 本気の殺し合いに発展した経験はさほどない。

 ゴミスの『実質的な仕事内容』は、
 結局のところ『暗部の政治』であり、
 『ヒリついた駆け引き』という修羅場は何度もくぐりぬけてきたが、
 『どっちの武が上か』で生死が決まる鉄火場の経験はそう多くない。

「さあ……行こうか」

 そうつぶやいて、
 ゴミスは、グンと足に力を込めた。
 豪速のダッシュで距離をつめると、
 オーラを込めた右の拳でアモンの顔面めがけてストレートをぶちこもうとした。

 先ほどとは違い、気合の入った一発!
 魔力とオーラを練り上げて、
 丹念に殺意を込めた、
 渾身の一撃!

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く