『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

54話 ゼノリカ史上最高の資質を持つ天才。

 54話 ゼノリカ史上最高の資質を持つ天才。

 亜門(あもん)は、神族に限りなく近い超人。
 まだ10歳でありながら、その存在値は、すでに『350』を超えている。

 『武』における潜在能力は『ジャミに匹敵する』とまで言われている、
 正真正銘の突然変異――つまりは超天才。

 ※ 実際のところ『現在のアモン』と『10歳時のジャミ』はほぼ同等。
   ただ、しかし、ジャミの場合は、その破格の戦闘能力にくわえ、
   人格も容姿も抜群に優れており、
   かつ、『アンリミテッド・ヴェホマ・ワークス』という、
   イカれたチートまで有している突然変異中の突然変異。
   正直な話、くらべものにはならず、
   そのため、アモンは裏で、
   『ジャミの劣化版・下位互換』と呼ばれている。
   ただ、アモンは、そのことを『カス共のひがみ』としかとらえておらず、
   『自分はジャミを超える最高の天才である』というプライドを胸に秘め、
   『ジャミを超える高み』を目指して日夜邁進している。
   自信過剰でクソ生意気で鼻につくガキだが、積んできた努力は本物。


「ぐふ……ごほっ……ぺっ」


 ゴミスは、血の混じったタンを吐いて、
 右腕で口元をぬぐうと、
 キっと、アモンをにらみつけ、


「……み、見た目に騙されたな。なるほど、ガキの姿は擬態か。見事に油断させられた。なかなか狡猾な手をつかう。それだけの強さを誇っていながら、敵の警戒心を緩ませる慎重さも忘れないとは……敬服に値する。てめぇは強い」


(擬態ぃ? ……はぁ……)


 ぽりぽりと頭を掻きながら、
 アモンはため息まじりに、

(まあ、どう思おうと勝手だけどさぁ……なんで、みんな、その手の勘違いをするのかなぁ。ムカつくわぁ)

 ダルそうに、心の中で、そうつぶやいた。
 アモンほどの早熟な天才はそうそういないので、
 アモンの驚異的な強さを目の当たりにした者は、大概、一度は『擬態』を疑う。

 『子供の姿で油断を誘う作戦だ』と疑われるのは、アモンにとって、あまり気分のいいものではない。
 『ちゃんと、僕の、超天才ぶりを直視して驚けよ』というのがアモンの本音。
 ようするには、まだまだガキってだけの話。

 ――そんなアモンに対し、
 ゴミスは、静かにオーラを高めながら、

「察するに……お前がゼノリカ教のトップだな?」

 その問いかけを受けて、
 アモンは、

「ふふん。よくわかったね。なかなかの慧眼。感嘆に値する」

 得意げな顔の上機嫌で、

「まさに、そのとおり! 僕こそが、ゼノリカ史上最高の資質を持つ超人。いずれジャミ猊下を超えて、九華十傑の第一席に名を連ねることが『ほとんど確定している』と言っても過言ではない究極破格の超天才」

 アモンの回答を受けて、
 ゴミスは頭の中で、

(ジャミをこえる……その発言の真意はどこにある……ジャミというのが、こいつより上位の強者ということか? いや、そんなわけがない……)

 たった一発くらっただけだが、
 しかし、これまで、山ほど修羅場をこえてきたゴミスにはわかる。


(このガキの姿に擬態している男……アモンは、ハンパではない超人……この男以上の強者など、そうそういるわけがない)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く