『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 ゼノリカの天下、楽連の武士。督脈(とくみゃく)の15番。

 52話 ゼノリカの天下、楽連の武士。督脈(とくみゃく)の15番。


「俺が納得するまで、対価は払い続けてもらう。裏の組織に手を出すという事の意味を、骨の髄まで叩き込む。――さて、ここまでで、何か言いたい事はあるかい?」

「ふふ」

「どうした? 恐怖でおかしくなったか? 最初にちゃんと言っておくが、いまさら後悔しても遅いからな。お前らはシロアリに手を出したんだ。タダですむわけがな――」


「――ドナドナ――」


 ドナは、ゴミスの話を最後まで聞くことなく、

「――なっ――」

 空間魔法を使って、ゴミスを自分が生成した空間に閉じ込める。

 体育館サイズの空間に閉じ込められたゴミスは、

(っ……空間魔法か……)

 冷静に、周囲を観察する。
 急な魔法をくらったからといって、みっともなくオタオタするほど坊やじゃない。
 極限状態の時ほどクールに。
 裏側で生きる者の鉄則。

(特に凝った仕掛けはないみたいだな……ただの白い空間……)

 ゴミスの見立て通り、ここは、特に仕掛けのない真っ白な空間。

(ふん……安いな。これで閉じ込めたつもりか? ぬるい、ぬるい。すぐに破壊して脱出――)

 と、考えていると、
 ゴミスの目の前に、
 『10歳くらいの少年』が出現した。
 身長は120センチくらいで、体重は30キロ前後。
 体格に見合った幼い顔つき。
 見た目は、間違いなく子供。


(……ガキ? どういう……)


 ひどく生意気そうな顔をしている、気位(きぐらい)の高そうな少年だった。
 ネコ科系の釣り目で、口元は常時ニタついている。

 わかる。
 言葉をかわさなくとも、
 『ナメられている』と、ハッキリと理解できる。
 そんな態度。

「……クソガキ。なに笑ってやがる」

「ああ、ごめん、ごめん。ハンパなヤツを見ると、ついクセで見下しちゃうんだ。パメラノ先生からは『そのクセを直せ』って散々言われたんだけど……ほら、どれだけ努力しても潜在的本質は変わらないって、よく言うじゃん? だから、ダメだなぁとは思っているんだけど、どうしても出ちゃうんだよねぇ。ただ、今回の場合、そっちにも責任の一端はあるんだぜ? あんたがもっと出来るっぽいヤツだったら、僕も見下したりしないわけだからさぁ。というわけで、どっちもどっちってことで」

「……」

「とりあえず、自己紹介しようか。そっちの自己紹介は、さっき聞かせてもらったから、しなくていいよ」

 そう前を置いて、
 コホンとセキをつくと、

 少年は、ゴミスをとことん見下した目のまま言う。

「僕はゼノリカの天下、楽連の武士。督脈(とくみゃく)の15番――『亜門(あもん)』。生まれた時から、神族へと昇格することが確定している、ゼノリカ史上最高の資質を持つ超々々天才戦士さ。よろしく」

 ※ 今後、亜門は、アモンとカタカナで表記します。
   漢字で表記することもあります。

「超天才の僕がまだ天下にいるのは、単純に『歳(経験)』の問題。潜在能力的には、十分、天上の最上位クラス。だから、さっさと、天上に上げてくれればいいのに、って思うんだけど……パメラノ先生が、下で経験を積めってうるさくてさ。まいっちゃうよ、ほんと。頭が固い上司を持つと苦労させられる」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く