『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 賠償金を払え。永遠に、謝罪し続けろ。

 51話 賠償金を払え。永遠に、謝罪し続けろ。

(ゼノリカ教……一ミリも聞いたことがないから、ほぼ確実に、最近できたばかりの新興宗教……行動から推察するに……『悪は許さない』的な宗教か……もしくは『コスモゾーン・レリックの回収』をメインにおいている宗教……どっちにせよ、俺がその気になれば、ハンパな規模の宗教組織なんざ余裕で一蹴できる)

 ゴミスは、状況を正しく認識した気になって、
 だから、ニっと微笑み、

(一番ラッキーな線……徹底的にぶっ潰してやる……)

 心に余裕が出来ると、
 それが態度に現れる。

 ゴミスは、ドカっと、机に脚をあげて、

「たがいの自己紹介も終わったことだし……そろそろ、本題に入ろう。コスモゾーン・レリックを返してくれ。あと、まだ生きているなら、ガタラも返せ」

「あのチンピラなら、我々がコスモゾーン・レリックを回収した際に、コスモゾーン・レリックに飲まれてしまった。よって返還することは不可能」

「……なるほど、なるほど」

 言いながら、ゴミスは、視線の強度を上げて、

「とぼける気もなければ、引く気もない……か。なかなか根性がすわっているじゃないか。開き直っているだけともとれるが」

 そう前を置いてから、
 グンと威圧的態度を強めて、

「とりあえず、損害賠償の額について話し合おうか。あいつはうちの大事な幹部。その損失は膨大。コスモゾーン・レリックの返還は当然として、賠償金として10億円。ここまではマスト」

 ※ 真・第一アルファの通貨は円。
   まともに働いている一般人の月収が20万円くらいで、
   10円も出せば、うまそうな棒が買える。

「もちろん、これだけじゃない。お前らはシロアリに手を出したんだ。落とし前はキッチリとつけてもらう」

 ゴミスは、一定のリズムでよどみなく、

「とりあえず、そこの女……お前は、今日から俺の奴隷だ。そっちの猿顔は、見掛け倒しじゃないなら、俺の手足としてコキ使ってやる。光栄に思え」

 『ガタラを倒したのは、おそらくあの猿顔だろう』
 と目星をつけながら、
 『それだけの強者なら、見せしめで殺すのはもったいない』
 と判断した。

 どんな場面であれ、使えるものは使う。
 それがゴミスの信条。

 ――ゴミスは、続けて、

「他にも、お前の組織に『良さそうなやつ』がいたら、全員、俺の奴隷になってもらう。使えそうにないゴミは全員、見せしめとして、バラバラに惨殺させてもらう。もちろん、そいつの家族・友人・恋人、全員だ。あと……どうしようかな……まあ、今のところ、最低限、俺がお前らに対して請求するツケはそんな感じだ。もちろん、それだけで終(しま)いじゃないぞ。俺が納得するまで、対価は払い続けてもらう。裏の組織に手を出すという事の意味を、骨の髄まで叩き込む。――さて、ここまでで、何か言いたい事はあるかい?」

「ふふ」

「どうした? 恐怖でおかしくなったか? 最初にちゃんと言っておくが、いまさら後悔しても遅いからな。お前らはシロアリに手を出したんだ。タダですむわけがな――」


「――ドナドナ――」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く