『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 ゼノリカ教? 知らんな。

 50話 ゼノリカ教? 知らんな。

「とりあえず、まずは、自己紹介からはじめようか。――俺はゴミス。シロアリの代表をやっている者だ」
「知っている」

「……だろうな。で、そっちは?」
「栄えあるゼノリカの天上、九華十傑の第十席・序列三位。エキドナール・ドナ」


(ゼノリカ……聞いたことがない……)

 ゴミスは、頭の中のタンスを全開にしてみるが、
 記憶の線にはわずかも引っかからない。

 ゴミスは、自分を整えるように、
 ゴホンと大きめのセキをしていから、

「ずいぶんとエレガントな自己紹介だな。ちなみに、その『ゼノリカ』ってのは、どの系統の組織だ? 世界情勢については、そこそこ詳しいつもりでいたんだが……ちょっと聞いたことがない」

「この上なく尊き神を心に抱く光。それがゼノリカ」

「……ああ、そっちね。はいはい」

 言いながら、ゴミスは、心の中で、

(なるほど、宗教関係か……宗教関係者がラリっていることは知っていたが、『裏』に絡んでくるほどバカではないと思っていた……が、連中は、こっちの想像を超えるレベルの、どうしようもないバカだったってオチ……)

 ニタっと薄く笑い、

(ゼノリカ教……一ミリも聞いたことがないから、ほぼ確実に、最近できたばかりの新興宗教……)

 宗教組織というのは、頻繁に、出来たり潰れたりする。
 そんなもの、いちいち把握していられない。

 ちなみに、ゴミスの視点における『宗教』というシステムは、『好き勝手な嘘八百をほざくだけ』で『中身』は1ミリもない詐欺組織。

 ゴミスは『宗教を特別嫌っている』というわけではない。
 『自分はただまともなだけ』――というのがゴミスの認識。

(行動から推察するに……『悪は許さない』的な宗教か……もしくは『コスモゾーン・レリックの回収』をメインにおいている宗教……どっちにせよ、頭が沸騰しているバカ共の暴走であることに変わりはない)

 『反社に対する嫌悪感』や『コスモゾーン・レリックという【世界の秘宝】に対する歪んだ認識』などは、じゅうぶん、宗教の対象となりうる。

 ※ この世界の一般人視点におけるコスモゾーン・レリックは、
   『なんだかよくわからない兵器』で統一されている。
   『自分とは関係ないヤバそうな何か』としか思っていない。
   ある意味で『第一アルファにおける核兵器』のような認識。
   『その兵器がどれだけ脅威であるか』を知らない者は皆無に等しいが、
   日常生活において、実際に、それを目の当たりにする機会はなく、
   その脅威に自分がさらされる事など、基本的には想像もしない。


 ――ゴミスは思う。

(俺がその気になれば、ハンパな規模の宗教組織なんざ余裕で一蹴できる)

 有名所の宗教組織は、そもそもの規模がハンパないし、完全院や全宮が正式なバックについているので、あまり相手にしたくない相手だが、新興宗教が相手ならいくらでも無茶を通すことができる。

 ※ 新興だろうと何だろうと、結局のところ、裏には五大家がいる。
   この世界の存在は、すべて、五大家の影響下にある。
   だが、だからといって、ツーカーで話が通じるというわけではない。
   派閥や階級は当然あって、思想の違いや軋轢も当然ある。
   よって、問題となってくるのは影響力のバランス。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く