『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

30話 モノの価値すらわからぬ阿呆。

 30話 モノの価値すらわからぬ阿呆。

「ミシャンド/ラ様……このバロールを高く買っていただけたこと、まことに恐縮で恐悦至極ではございますが、しかし、正直に申し上げますと……ギリギリでした。どのような状況であれ、私がシアエガに支配されることはないでしょうが……しかし、シアエガよりも高位のコスモゾーン・レリックから精神支配を受けた際、耐えられるかどうかは懐疑的でございます」

「正直で大変よろしい」

 『己の見栄』よりも『情報の伝達』を優先したバロールを心の底から褒め称えてから、

「さて、それでは、私も少し試すとしようか。バロール、もう一度、そのガラクタに主導権を貸してあげなさい」

「おおせのままに」

 返事をした直後、
 今度はバロールの意識がおさえこまれ、
 シアエガの意識が『前』に出てきた。

 再度『肉体の主導権』を得たシアエガは、
 自分の中でおとなしくしているバロールに対し、

「……ぉ……おちょくりやがってぇ……」

 沸き上がる怒りをつぶやきながら、
 虹色のオーラを膨らませ、
 ブチ切れ顔をさらに真っ赤にさせて、

「私はコスモゾーン・レリックのシアエガだぞ! いずれ、アウターゴッドになりうる、世界の支配者! いと尊きグレートオールドワン! 神域の闇! ――その私を、なぜコケにする! なぜ私を敬わない! なぜ、私に畏怖を覚えない! 貴様ら、異常だぞ!」

「まるで幼児の駄々ね。滑稽を通り越して哀れだわ」

 たんたんとそう言ってから、
 ミシャは、優雅に武を構えて、

「答えが欲しいなら教えてあげるから……さあ、くるがよい」


「小汚い格好をした虫ケラ風情がぁあ! 神格である私を見下すなぁああ! 不敬だぁあああ!」


 オーラを凝縮させて、
 ミシャの頭部めがけて、
 シアエガは、力いっぱい、その禍々しい斧を振り下ろした。

 『完全にとらえた』『頭から真っ二つにしてやった』と認識したと同時、
 シアエガの視界が反転し、
 シアエガ(バロールの肉体)は、宙に浮かんでいた。

「幼稚で愚鈍なだけではなく、モノの価値すらわからぬ真正の阿呆(あほう)。貴様など試す価値もない。コープスワールドすら不要」

 声は冷静だったが、
 顔には多数の『ガンギレマーク』が浮かんでいるミシャ。
 その圧力に、

「――ひっ――」

 シアエガは心底からゾっとした。
 ズシンと深みのある『狂気の怒り』を前にして、
 シアエガの血が凍る。

 ――ミシャの戦闘スタイルは、
 『死ぬほど召喚した死霊を、シールドやランスとして活用する』という、
 数の暴力一点張りのエレガントなネクロマンサービルドがメインで、
 『まともに戦う時』は、必ず、
 広範囲死霊召喚用の死域『コープスワールド』を展開するのだが、
 シアエガとの闘いでは、
 死域を展開させない――どころではなく、
 得意武器すら召喚することなく、
 手袋すらしていない『完全な素手』のまま、
 宙に浮かんでいるシアエガ(バロールの体)の腹部めがけて、




「――閃拳――」





 心を込めた拳を放つ。
 豪速で左腕を引き、右腕を突き出す、極まって美しい正拳突き。



「がぁああああああああああああああああああああああああああ!!」



 豪快に吐血するシアエガ(バロール)。
 無様に白目をむく。
 意識が八方に飛び散る。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く