『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 圧倒的スペック。

 27話 圧倒的スペック。

「……バロールも決して悪くないが……しかし、貴様の方がアリだな……うーむ……迷ってしまうな……『こいつ(ジャミ)』の方に乗り換えるか……いや、しかし、バロールを失いたくはない……バロールも非常にレアな器……『こいつ』が本当に神の種を持っているか、現時点では不明というのも、少し怖い……うーむ……うむむ……」

 数秒だけ悩むと、

「よし、決めた。バロールは器のままにして、貴様は私の配下にしよう。非常に優秀なコマになってくれそうだ」

 などとナメたことをつぶやいた直後、
 また瞬間移動で空間を翔ける。

 ジャミは、瞬間移動とフェイントを絡めたバックステップで『的』を絞らせないようなムーブを心掛けるが、しかし、シアエガは、そんなジャミの上をいった。

「遅くはないが、私から逃げきれる速度ではないな!」

 素晴らしい速度で距離をつめ、
 膨大なオーラと魔力で空間を制圧してくる。

 虹色のオーラに包まれてからというもの、キレッキレなシアエガ。
 さすがのジャミも動揺を隠せない。

 『ジャミほどの超越者を圧倒できている』――そのコトに気をよくしたシアエガは、
 ニィっと微笑み、

「これが! 私だ! コスモゾーン・レリック『シアエガ』の真の力ぁああああ! アウターゴッドに届きうる真なる高みぃいいい!」

 豪速で、剛腕。
 さらにキレを増していく『驚異のムーブ』でジャミを削っていくシアエガ。

「……ちぃっ……速いな……鬱陶しい……」

 すさまじい速度におされて、
 ジャミも、ついに



「――ジェノサイドタイム!!」



 切り札を御披露目。
 全力で戦う時の必殺スタイル。

 バロールの『星典黒猿』以上のスペックアップ率を誇る変身技『ジェノサイドタイム』を使って対峙する――が、

「オーラが膨らんだな! すべてにおいて、バロールを上回っているか! 素晴らしい! しかし、届いていないぞ! ははは! どうした! 私に勝ちたかったら、もう一段階のギアアップが必要だぞ! ないのか?! もうないのか?! だったら、死ぬしかないぞぉおお!」

 強大な力と速度で、
 ジェノ・ジャミを追い詰めていくシアエガ。

 サトロワスとカティの遠隔攻撃をモノともせず、
 ドナの支援でも、確定の有利を回せなくなってきた。

 この場にいる九華全員で、
 最善を尽くしてシアエガに挑むが、

「むだむだむだむだむだむだむだむだむだぁ!!」

 強大に膨れ上がったシアエガの前では、
 最善も悪手も同じだった。


 ――そんな『最強状態のシアエガ』の『強さ』を受けて、
 ジャミが、

(ジェノサイドタイムを使っても届かないか……なるほど、これが、コスモゾーン・レリックとやらの『本質』……悪くはない……)

 『見』と『堅』に徹していると、
 同時に、カティが

(いまだ、戦闘力はたいしたことないけど、アイテムとしての性能は破格と言っていい……何よりのポイントは、あの『オーラを増幅させている』と思しき『虹色のオーラ』……すごく異質……ただ増幅させているだけって感じじゃない……グっと深くなっている……キレがよくなっているっていうか、コクが増しているというか……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く