『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

17話 かつて天下最恐だった闇人形。


 17話 かつて天下最恐だった闇人形。

「さあ、とくとみるがいい。この『力』こそが神……この魔力、このオーラ、この概念こそが神なのだ……貴様ら下等生物は、神の力に酔っていればいい。世界とはそういうもの。それが真理」

 シアエガの発言を、
 バロールは、小指で耳をほじりながら、我慢して聞いていたが、

「……エゲつないくらい薄っぺらいな、お前。『ガラクタっぷり』もそこまでいけば大したものだと、逆に褒めてやりたい気分だよ」


「真理が理解できぬ愚者よ……私の力、その一端を見せてやる。さあ、くるがよい」

 そう言いながら、大仰に両手を広げてみせたシアエガ。

 そのサマに、冷たい視線を送りながら、
 バロールは、家族に向けて言葉を放つ。

「悪いが、手を出さないでくれ。俺一人でやりたい」

 そのワガママに対し、カティが、

「あんたのワガママを聞いてあげる筋合いが、私には一ミリもないんだけど?」

「頼むよ、カティ……ムカつくんだ、あの触手野郎」

「それはこっちも同じ。私だって、あのキショいドヤ顔を殴りたい……だけど……まあ、いいか」

 『ワガママな命令』なら聞く筋合いはないが、
 『家族の頼み』なら、聞く理由はなくもない。

 と、そこで、ドナが、

「危なくなったら、無理しないで、すぐに救援を求めなさい。あんたの死はゼノリカにとって大きな損失。ゼノリカに不利益を出す者を私は許さない。もし、あの気色悪いクソアイテムに殺されたら、私があんたを殺す」

「……何回死ねばいいんだよ……相変わらず、頭がイっちゃっているネーサンだなぁ……」

 ドナはまだ神に成れていないため、
 『最大存在値』ではバロールに大きく後れを取っているが、
 『基礎存在値』にはさほどの差がない。

 ※ 携帯ドラゴンは所有している。
   センは、MDワールドの中枢を乗っ取った際に、
   卵を山ほど確保している。
   ただ、現状では規制がかかっているため、
   その恩恵を完全には受けられていない。

 ゼノリカという組織に対する貢献度では、
 『時代の問題(平和すぎて)』で『その力をふるう機会が少なかったバロール』よりも、
 ドナの方がはるかに大きい。

 長年『天下最恐の闇人形』――『ウルトラバイオレット001』として現場の最前線で『ゼノリカを犯さんとする穢れ』を狩っていたのは、『九華に上がれる実力がなかったから』ではなく、人材が不足していた『かつてのゼノリカ』の『現場』では、『彼女にしかできない仕事』があったから。

 ゼノリカが成熟し切った今では、『高潔な闇人形』という希少な存在も、『吐いて捨てるほど』とまでは言わないが、しかし、十分と言っていいだけの数がそろっている。

 しかし、当然、かつてはそうではなかった。
 ゼノリカを内側から潰そうとするスパイに、
 ゼノリカでの地位に目がくらんで歪むバカ。

 『数えきれないほどの愚者』という『穢れ』が、
 潰しても、潰しても、次から次へと沸いて出た。

 『組織』というのは『夏場の魚』より腐りやすい生モノ。
 大きくなればなるほど、腐ってくる場所が多角的になり、
 その速度も歪み方も、どんどん増していく。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く