『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

14話 限定条件。


 14話 限定条件。

(……こいつらは、異世界からやってきた侵略者で、現状は、アンダーワールドから情報を収集している段階……みたいな?)

 などと、みょうちきりんなことを考えてから、

(……アホくさ。異世界なんてあるワケないだろ。ちゃんと考えろよ。空想に逃げている場合じゃねぇだろ)

 自分を叱責する。

 ――と、
 そこで、バロールが、

「強者に関してはもういい。次に進もう。『コスモゾーン・レリック(Cレリック)』について、お前が知っていることを全て言え」

「それだって、新聞に載っているような事しかしらねぇよ」

 と前を置いてから、
 また色々と思案しつつ、
 言葉を選びながら、

「……究極のアイテムだってこと以外はほとんど知らん。基本的には、五大グループが管理している。個人で持っているヤツもいるって噂だが、本当かどうか知らん。あ、ウチの代表はもっているらしいぜ。ほんとかどうか知らんけど」

「シロアリが所有しているという情報ならつかんでいる」

「あ、そうなの? マジで、ずいぶんな博識さんだな。お前が俺に聞くことなんて何もないんじゃね? というわけでそろそろ解放して――」

「何か一つでもいいから、どんな効果があるか、聞いたことがないか?」

 そこで、ガタラは『バロールの目の圧』が変わったのを感じた。

(雰囲気が変わった……後ろにいる連中も……)

 バロールだけではなく、
 周囲にいる者たちからも、ピリついた空気を感じる。

 ガタラは、ゴクっと、一度、ツバをのむ。
 自分を鎮めるように、スゥっと息を吸ってから、

「……俺が知っているのは代表に教えてもらった『存在値がすさまじく上昇する』ってシンプルなやつぐらいだ」

 これまで以上に、慎重に言葉を選びながら、

「使用するための限定条件が面倒だが、そのぶん、効果はハンパないCレリック」

「Cレリックを使用するためには『面倒な限定条件を満たす必要がある』というのは聞いている。ただ、具体的に、どんな条件が必要となるかは、まだ知らない。そこのところを教えろ」

 その問いに対し、ガタラは、

(……この猿顔の発言……どこまでが嘘で、どこまでが本当か……全部があやふやで、さっぱり要領をえねぇ……ここまでの対話で分かったことは、何もかもが珍妙ってことだけ……現状、この猿顔の立ち位置すら不明瞭……この状況での『盲目な従順』は、どう考えても悪手……となれば、もう選択肢は一つ……)

 と、思案してから、
 さらに言葉を厳選しつつ、

「代表に教えてもらった『強くなれるCレリック』を扱うための条件は複数ある。例えば、戦闘技術が低い者は使えない。その辺を歩いている女・子供じゃ使えねぇってこった。あと強すぎると『飲まれる』から使えない。『飲まれる』ってのがどういうコトかはよく分からねぇが、とにかく、そう聞いている」

「……『戦闘力が特定範囲内の者』しか使えない……なるほど、面倒だな。それ以外の条件は?」

「あとは『使うと決めてから、数分が経過しないと使えない』って条件がある。つまり、急なピンチには対応できないってわけだ。Cレリックに飲まれてしまえば、あとは自由自在らしいが……まあ、その辺の意味はイマイチわからん」

「……ほう」

「あと、強者が使う場合は例外なんだが、それほど強くない者が使用する場合、『複数の条件を満たす必要がある』ってことを、『敵』が知っていなければならない」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く