『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

13話 異世界よりの侵略者。


 13話 異世界よりの侵略者。

「ざっくりとでいいんだよ、ザックリとで。別に、完全院に限った話じゃなく、お前が知っている強者の、ザックリとした、程度を答えろ。ぶっちゃけ、エリアAに限った話じゃなくてもいい。お前が知っている情報を並べてみせろ」

(エリアAに限らなくてもいい? おいおい……シロアリの幹部っつったって、俺なんざ、世界全体という視点で見れば、しょせんは、末端にいるチンケなヤクザ者。五大家のネットワークには到底かなわねぇ。エリアAの暗部に限定するなら、他エリアの五大家よりも、深く知っていることが『なくもない』だろうが……俺が知っている他エリアの情報なんざ、たかが知れている。……これは、いったい、どういうことだ? こいつは俺に何を求めている? いまいち、こいつの望みが見えてこねぇ……)

 数秒、考えてみたが、

(わからねぇなぁ……けど、まあいいや……もう十分に時間は稼いだから)

 ニっと笑ってから、

「……強者っていったら、やっぱウチの代表だろ。であと、俺が知っているヤツでいうと、エリアBを根城にしているゴキのリーダー『ザコー』。代表が、『ザコー』は強いって言っていたから、まあ強いんだろう。他は……ギルティブラッドってテロ集団の頭『コポッポ』はやべぇって聞くが……ギルブラについては、ほとんど知らん。全員、頭がおかしいって事くらいだ」

「……お前、どんだけ使えねぇんだ……その辺の名前なら、全部知ってんだよ。つぅか、普通に、新聞に書いてあるような事ばっかりじゃねぇか」

 この世界を完全支配している五大グループ、
 闇社会の二大派閥『ゴキ』・『シロアリ』、 
 ガチイカれテロ集団『ギルティブラッド』。

 この世界に生きる者ならだれでも知っている共通認識。
 第一アルファでいうところの『アメリカや中国という国が存在し、ISというやばいテロ集団がいる』という程度の情報でしかない。

「新聞に書いてあることを知っているんだから、大したもんだろうが」

 シレっとそんなことをいうガタラに対し、
 バロールは少しだけ眉をひそめて、

「……もういい。だいたいはわかった」

(だいたいわかった……か。聞き捨てならねぇ発言だな……もしかして、こいつの望みは、『俺の底』を測ること? そこになんの意味がある? 俺をしることで、シロアリの底をはかるとか? しかし、そんなこと、五大家の関係者なら、わざわざ、直接俺に聞かなくても、五大家のネットワークを使えば余裕で……)

 少しだけ考えてみて、
 一つだけ、『面白い推察』が頭に浮かんだ。

(……こいつらは、異世界からやってきた侵略者で、現状は、アンダーワールドから情報を収集している段階……みたいな?)

 突飛な発想。
 しかし、そうであるならば合点がいく点は多い。

 ――とはいえ、

(アホくさ……)

 ガタラは自分の推察を鼻で笑い、

(……異世界なんてあるワケないだろ……)

 この世界にも、小説等のエンタメは存在する。
 そして、その題材として異世界が用いられることもある。
 『ここ』とは『別の世界』を舞台にした物語。
 目の前にいる猿顔が、異世界よりの侵略者だと仮定すれば、
 現状のちぐはぐさに、納得がいく理由をつけることは出来なくもない。

 しかし、ガタラは、常識人(ヤクザの中では比較的)なので、
 そのような『妄想』はすぐに頭の中から排斥し、

(ちゃんと考えろよ……空想に逃げている場合じゃねぇだろ)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く