『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 なんか、ちょっと、おかしくね?


 12話 なんか、ちょっと、おかしくね?

「エリアAの強者……まあ、完全院に関わる連中は全員、ケタ違いに強いな。天上人と会う機会なんてないから、どの程度強いかは知らんが」

「私はアホじゃないんだ。五大グループがヤバいって事くらいは知っている。具体的に、誰が、どのくらい強いかを教えろと言っている」

 この世界に生きる者は、五大グループを潤すために働き、
 その結果として、五大グループから餌をもらい、
 結果、例外なく、五大グループのために死んでいく。

 ――ここはそういう世界。
 全ての『命』が、五大家を支えるためだけに存在するディストピア。


 バロールの『イラ立ち』に対し、
 ガタラは、『そりゃそうだ』と思いながらも、
 呑気な表情をつくりこんで、

「俺みたいなスジ者が、五大家の詳しい内情なんて知るワケないだろ。エリアAのトップ……つまり、完全院のトップが『完全院リライト』って名前の究極超人だって噂くらいは聞いたことがあるが、それ以外は知らん」

 とぼけた顔でそう言ってから、

「……あ、そういえば、完全院リライトが『クリムゾン・スターズ』って名称の『とんでもない部隊』を飼っているって話なら、代表から聞いたことがあるな……まあ、名前以外は何も知らんけど。雲の上の連中と会う機会なんざ、マジでないからな」

「そんな『そこらを歩いている連中』でも知っているような『表層』の事など聞いていない。何度も言わすな。私が知りたいのは『具体的な程度』だ。『暴力の世界』で生きている者しか知りえない深層……『武』に関する『深い情報』をよこせと言っているのだ」

「……んなこと言われてもなぁ……俺だって、暴力に多少の覚えはあるが、『本物の領域』にいるわけじゃねぇからなぁ……所詮、俺なんて、ただのヤクザ者……ようはケンカ自慢のチンピラでしかない。武の深層なんざ知るわけがねぇ……まあ、とはいえ『だから逃がしてくれる』って状況でもねぇし、必死こいて考えるしかないワケで……」

 ペラペラと中身のないことを口にしつつ、
 ガタラは、ナナメ上を見つめて、考えるふりをしながら、
 心の中で、

(もう少し……あとちょっと……)

 さらに数秒を稼いでから、

「あ、そうだ。『学園』の理事はハンパねぇって話だぜ。確か、名前は……えっと、なんだっけなぁ……完全院……完全院……」

「完全院クリスだ」

「おっ、博識だねぇ」

「名前なんかどうでもいい。どの程度ハンパないのか、その詳細を聞いているんだ! 仮に、お前を200とした場合に、完全院リライトや完全院クリスがどの程度か、300なのか、500なのか! そういうことを聞きたいんだ!」

「だから、知らんって! つぅか、そんなデジタルな情報、知ってるわけないだろ! 俺、ナニモンだよ! 五大グループの中でもトップの完全院は、この世界の支配者! 雲の上の連中だ! 会う機会なんてマジでねぇし、噂だってそうそう聞かん!」

 険しい顔で、

(完全院に関するゴリゴリの詳細なんざマジで知らんっつーの。つぅか、俺が、そんなもんを知っていると本気で思って聞いてんのか? 最初から思っていたんだが……こいつ、なんか、ちょっと、おかしくね?)

「ざっくりとでいいんだよ、ザックリとで。別に、完全院に限った話じゃなく、お前が知っている強者の、ザックリとした、程度を答えろ。ぶっちゃけ、エリアAに限った話じゃなくてもいい。お前が知っている情報を並べてみせろ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く