『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 互いの思惑。


 11話 互いの思惑。

「おい、にーちゃん。押し黙ってどうした? もう俺に用はないのか? だったら、解放してくれ。このあと、集会があるんだ。遅れたら、代表に殴られる」

「まだ本題に入ってないんだから、解放するワケがないだろ」

 そこで、バロールは、場を整えるように、
 ごほんと軽いセキをはさんで、

「とりあえず、お前に聞きたいことは、二つ。『エリアAの強者』と『コスモゾーン・レリック』……その二つについて、お前が知っていることを、残らず、具体的に、詳細を喋れ。満足のいく解答がえられたら、お前は解放しよう」

「……なぜ、その二つについて知りたい?」

 と尋ねながらも、
 心の中で、

(……エリアAについての情報を求めるってことは……『完全院』の人間ではなく、外部の人間か……完全院と全宮は仲がいいから、情報は共有しているはず。となると、エリアCDEのどれか? だが、現状の全宮家はギスギスしているって話だから、全体で情報を共有しているかどうかは微妙。――裏社会特有の鮮度の高い情報を求めているって可能性もあるか。『俺』に『コスモゾーン・レリックの情報』を問うているから、最低限以上に『シロアリの情報』はもっている。だから、つまり、これは……あー……ダメだな……まだ情報が足りない……)

 などと、高速思案していると、
 バロールが無表情で、

「……お前には知る権利がない」

「あっそ……まあ、別にいいけどな。ためしに聞いてみただけで、特に知りたいわけでもない。ちなみに、なぜ、わざわざ、それを俺に聞く?」

 牽制、様子見、すっとぼけ、
 色々な画策が混じったガタラの発言に対し、
 バロールは、まっすぐな顔で、

「裏社会の幹部クラスなら、多少は情報に詳しいかと思った。それだけだ」

「……ま、道理だな……」

 そうつぶやくと、
 ガタラは、

(こっちの推察を補強してくれる情報は一つも漏らさねぇ。この猿顔、なかなか丁寧な尋問をしてくる。それはそれで一つの情報だが『使える情報』じゃねぇ……となれば……やっぱり、『最悪』を想定して動かざるをえないよなぁ……ったく、めんどくせぇ)

 そこで、自分の『中』の『蓄積』を確認し、

(まだだな……まだ使えない……ちっ……しかたがない……少し時間を稼ぐか……)

 覚悟を決めると、
 一度深呼吸して、
 たっぷりの間をとってから、
 ガタラは口を開く。

「エリアAの強者……まあ、完全院に関わる連中は全員、ケタ違いの超人だな。五大家の人間と顔をあわす機会なんてないから、やつらが『どの程度強いか』は知らんが、うちの代表が『手を出すな』っていうくらいだから、相当なものなんだろう」

「私はアホじゃないんだ。五大グループがヤバいって事くらいは知っている。具体的に、誰が、どのくらい強いかを教えろと言っている」

 エリアAの支配者『完全院(かんぜんいん)』グループ。
 エリアBの支配者『全宮(すべてのみや)』グループ。
 エリアCの支配者『罪帝(つみかど)』グループ。
 エリアDの支配者『宝極(ほうごく)』グループ。
 エリアEの支配者『久剣(くつるぎ)』グループ。

 この世界に生きる者は、
 例外なく、五大グループの支配下にある。
 もっと直接的な言葉で言えば、
 この世界に生きる者は、五大グループに『飼育されている家畜』でしかない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く