『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

9話 世界全体の強度。


 9話 世界全体の強度。

「……何について、どれだけしゃべったら、俺を解放してくれる?」

「おいおい、お前は、まだ私の顔面を一発ぐらいしか殴っていないぞ。それで諦めるのは流石にはやすぎるだろう。せめて、もう少しぐらいはトライしてみろよ。ほら、胸も腹もガラ空きだぞ」

 全身を晒してくるバロールに、
 ガタラは渋い視線を送ってから、

「……もういい。気合を入れて殴ってもビクともしないヤツと戦うほど、俺はバカじゃない」

 けだるげに、そうつぶやいた。
 ダウナーで、視線は虚空。

 その姿を受けて、バロールが、

「その言い草……まさかとは思うが、さっきの一撃、本当に本気だったのか?」

 と尋ねると、
 ガタラは、

「ああ。悪いか?」

 投げやりなその発言を受けて、
 バロールは、

「いぃや、悪くはないさ」

 ニタっと粘質性をもった笑顔で、

「むしろ喜んでいる」

 ニタニタしながらそう言ったバロールの表情を受けて、
 ガタラは、より渋い顔をして、

「性格の悪い野郎だ」

 吐き捨てるように、そうつぶやいてから、
 ガタラは、

「……俺にはやるべきことがある。『裏で上に立つ者』の仕事は存外多いが、適正者はそこまで多くはない。『あんたら』からしたらチンケな仕事だろうが、俺にとっては大事な仕事だ。今のポジションを失いたくはない」

 社会に適応できない『イカれた連中』の統率。
 上も下も問題児だらけ。
 頭おかしい不良どもの受け皿、不に属する感情の掃きだめ――そんな歪な歯車。
 決して誰にでも出来る仕事じゃない。
 強者で、賢くて、『まとも』なバッドガイはそうそう多くない。

 もちろん大変だが『存在証明』や『生き甲斐』って概念でくくれるくらいには『やりがい』がある雑用。
 だから、今の自分をなくしたくない、と、ガタラは強く思う。

「そして、現状、特に漏らして困る情報なんざ持ってねぇ。だから素直に答えてやる。鉄火場ではメンツではなく実をとるのが俺のモットー。……えっと、それで、なんだっけ? コスモゾーン・レリックについて聞きたいんだったか? 『なに』をどのぐらい聞きたい?」

 そこで、ガタラは、慎重に言葉を選ぶ。
 『自分(ガタラ)』の『状況』を、
 『相手(バロール)』がどれだけ把握しているか。
 そこを見極めるように、
 探るように、

「言っておくが、俺に答えられることは少な――」

「……その前に一つ答えろ。さっきの一撃はどのぐらいの『本気』だ?」

「あん? 九割だよ。かなり本気だった。それがどうした?」

「本当か?」

「……さっきから、なんで、『そこ』を、そんなにも疑う?」

 ガタラの質問などガン無視で、
 バロールは、

(……さっきの一撃は存在値200程度だった……調査結果によると、この男は、腕力がモノを言う裏組織内でもトップテンに入る武闘派……その男が存在値200程度……)

 状況を精査して、だから、
 ニっと微笑み、

(この事実から推察するに……おそらく、世界全体の平均存在値が80前後で、『強者の部類に入る者』でも200前後……シロアリトップのゴミスとかいうやつは別格に強いという噂だが……まあ、この感じだと、おそらくは、300前後……仮に、天井の1000だったとしても『そいつ一人だけが別格に強い』という組織なら、大した脅威でもない)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く