『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 五大家。


 6話 五大家。

「かかってこい。私に勝てたら開放してやる」

「……勝てたら開放してやる、だと? ふざけたことをぬかしやがって。今からお前らは俺に殺されるんだよ。男は徹底的に痛めつけて殺す。そこの女二人は、適当に犯したあと、性奴隷として売り払う。シロアリに手を出した罰の重さ……思い知れ」

 そう言って、ガタラは、自身のオーラを開放した。
 十分に魔力を練り上げ、
 そして、

「死ねや、バカがぁ!」

 バロールに殴り掛かった。


 ――ガタラは、この世界において『かなり強い部類』に入る。
 シロアリは実力主義の超大手武闘派ヤクザ。
 第一アルファのヤクザのように『金を集めるのが得意なだけのザコ』が成り上がれるヤワな組織ではない。

 ガタラは『血で血を洗う裏社会』で幹部にまで駆け上がった強者。
 狂気と腕力だけがモノを言う地獄で生き残ってきたスジ者。
 そんなガタラだが、

「……ぇ……」

「どうした? 『まずは様子見から』ってパターンか? そういうのいいから、最初から気合を入れて殴り掛かってこい」

 様子見などしていない。
 ガタラは、今、全力でバロールの顔面を殴りつけた。
 『一撃で決めるつもり』の『まっすぐな全力』だった。

 オーラと魔力を全力で練り上げて、
 きっちり、しっかりと、拳を突き出した。

 しかし、バロールはビクともしなかった。


(こ、この猿顔……ま、まさか……『代表』級……)


 全力で殴ってもビクともしないバロールの姿に、
 ガタラは、シロアリの代表『ゴミス』を重ね合わせた。

 ゴミスはケタ違いに強く、ガタラが何をしても相手にならなかった。
 圧倒的なゴミスの力にほれ込み、
 ゴミスの力になりたいと願い、これまで、遮二無二頑張ってきた。

 そのゴミスに匹敵するかもしれない強者。
 そんなバケモノを前にして、
 だからこそ、ガタラは冷静に、

(……こんな猿顔……『裏の世界』では見たことがねぇ……)

 目の前にいるバケモノが『誰』なのかを『正確』に見極めようとする。
 ガタラは、シロアリの幹部だけあって、
 裏での顔はそれなりに広い。
 『あるていど』以上に、強者の噂は耳にしている。

 ガタラは、生まれてから一度も『エリアA』の外に出たことはないが、
 『裏の上層部』で生きていれば、イヤでも『世界の情報』は耳に入ってくる。

 ※ エリア外に出るのが禁止というわけではないが、
   各エリアには、必ず、そのエリアを縄張りにしている組織がある。
   『荒し扱い』されて面倒なことになるのを嫌う構成員は、
   基本的に、外には出ない。

 ガタラは間違いなく情報通の部類。
 だが、こんなサル顔の噂は一度も聞いたことがない。

(となると、おそらくは『五大家の類縁』……)

 五大家。
 それは、すなわち、雲の上。
 各エリアを『完全支配』している五つの巨大グループ。
 この世界において『その存在を知らぬ者』は絶対にいないが、
 『直接会ったことがある者』はめったにいない、真なる雲の上の世界。
 でかいニュースで名前を見るか、軽い噂をチョロっと聞く事くらいしか縁がない別次元の相手。

(……『五大家の者』が相手となれば、俺の力じゃ、どうしようもねぇ……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く