『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 シロアリのガタラ。


 4話 シロアリのガタラ。

 ――今回、九華の面々が、平熱マンから与えられているミッションは、
 『この世界のアンダーワールドから情報を得る事』。


 最重要メインミッションはもちろん『神帝陛下の盾』だが、
 同時進行のサブミッションは、脅威のサーチ。


 『神に害を及ぼす者が近づいてきた』と分かった瞬間に、『その時点におけるその他のミッション全て』を完全放棄して、盾になることは絶対的前提。
 その前提を踏まえた上で、
 ジャミたちは、サブミッション的に、
 この世界のアンダーワールドを探っている。

 まず、目をつけたのは、この世界における二大犯罪者集団の片割れ『シロアリ』。

 エリアBを拠点にしている『ゴキ(所属人数十数名の少数精鋭サイコパスチーム)』と、
 エリアAを拠点にしている『シロアリ(所属人数三桁以上の大手ヤクザ集団)』。
 『この世界に生きる者』で、その二つの裏組織を知らない者はいない。
 カリスマ的『悪』のツートップ。


 ――どこがどう『最大脅威』とつながっているか不明な現状ゆえ、
 『受け攻め』は極めて慎重にならざるをえない。
 思案に思案を重ねた結果、
 『情報集めにおける最善手』として導き出されたのが、
 『社会の外側』に干渉すること。

 もちろん、そこにも多大なリスクは潜んでいるのだが、
 『いきなり中枢を攻める』よりは『迂遠に事を進める方がいい』という結論に至った。
 ゼノリカですら、それぐらい慎重にならざるをえないほど、
 この世界は、多角的に不気味だった。


 ジャミたちの視線の先で、
 シロアリの幹部『ガタラ』は、人気(ひとけ)のない路地裏へ入った。
 入り組んだ路地裏を進んだ先に、
 シロアリのアジトの一つが存在する。

 すでに、あらかた準備を終えているジャミたちは、
 手はず通りに周囲をかため、
 そして、

(――捕縛)



「? なっ!! な、なんだ、お前ら――ぅ――」



 ジャミの命令が下った直後、
 バロールたちは、周囲の影より飛び出してきて、
 即座に『魔法の拘束具』でガタラを拘束し、

 そのままの流れで、

「――ドナドナ――」

 ドナが空間魔法を生成し、
 捕縛したガタラとともに、空間内に飛び込むと、
 すぐに、出口を閉じて、
 捕縛されて動けなくなっているガタラを、

「いてっ」

 テキトーに、その辺へと放り投げる。


 ――ここは、体育館サイズの、少し広い亜空間。
 白い壁に覆われていて、特に特別なギミック等はない。

(くっ……この拘束具……俺のオーラを抑え込んできやがる……何をしても外せる気がしねぇ……もしかして、コスモゾーン・レリックか?)

 コスモゾーン・レリックではなく、センが創った究極超神器の一つ。
 センエースコレクションの中だと、特に優れたアイテムでもないし、
 現状は神気を纏っていないので、本来の力は発揮できないが、
 それでも、十分に破格の性能を誇っている。

(……くそったれ……いっさい気配を気づかせずに、この俺を拘束するとは……こいつら、何者だ……)

 拘束されているガタラは、
 心の中でそうつぶやいてから、
 キっと、強い視線でジャミたちを睨み、

「て、てめぇら……誰に何をしているのか、わかってんのか? 俺はシロアリの――」

「ガタラだろ。知っているから、自己紹介は不要。威勢よくスゴんでみせる必要もない」

「……ど、どういうつもりだ……俺に手をだして、ただで済むと――うぐっ!」

 腹に蹴りをいれられて押し黙るガタラ。
 そんなガタラに、カティが、


「凄む必要はないって言ったよね? 時間の無駄だから、こっちの質問にだけ、バカみたいに答えてくれる?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く