『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 みんなすごい狂信者っぷりだねぇ。


 3話 みんなすごい狂信者っぷりだねぇ。

「存在値1000が上限である以上『最果ての向こう側におわす神帝陛下』であっても『かすり傷を負う可能性』はゼロではない。もちろん、神帝陛下の強さは次元が違うから、かすり傷を負う可能性すら天文学的な低確率……しかし、0ではない以上、我々が盾になってしかるべきだ」

 ジャミが発言を区切ってコーヒーを口にしたところで、
 サトロワスが、

「はっはー、みんなすごい狂信者っぷりだねぇ。もし、私がゼノリカに関係ない他人だったら、ドン引いていると思うよぉ」

 サトロワスは常に俯瞰で自分を見ることができるオッサン。
 常に冷静で、徹底して瀟洒で、
 軽くキザなところもあるが、けれど、
 それだって『不快感を伴う嫌味』にはなりきらず、
 いつだって、絶対的に、シックで、スマートで、

 はしゃいだり、興奮したり、オタオタしたり――
 なんて、そんな『無様な姿』を他人に見せることは決してない、
 見た目だけではなく、すべてが『良い感じ』のオッサン。
 それが、栄えあるゼノリカの天上、九華十傑の第三席『サトロワス』。

 そんなサトロワスでも、
 神に対する感情だけは、やはり『スマート』ではいられないようで、

「まあ、かくいう私も、どっぷり狂信者なわけだから、こうして、君たちの意見に、何一つ異議を挟むことなく、ただただ頷いているんだけどねぇ」

 常に『一歩引いたところから、全体を見る視点』を信条にしているサトロワスだが、
 『神帝陛下に対しての想い』だけは、
 『彼以外のイカれた狂信者たち』と同じ『視点』になってしまう――


 ――と、その時だった。
 ピタっと、全員、口を閉じて、
 『視界の外』にいる『人物』の動向に注意する。


 『九華が着目している人物』は、
 この世界の犯罪者集団『シロアリ』の幹部。
 名前は『ガタラ』。
 全身がハリガネのように細長く、眼光が鋭い、蛇のような男。
 ガタラの存在値は見えていないため『101以上』は確定。

 ちなみに、身のこなしなどから『存在値は500にすら達していないだろう』と推定されている。
 もちろん、見えないのだから、真実はわからない。
 巧妙に隠しているだけかもしれない。
 本当は、カンスト級のバケモノかもしれない。

 わからない。
 が、わからないからといって計画を中止させるのはありえない。

 ジャミたちは、この上なく尊き神の狂信者。
 ゆえに、止まれない。
 前に進むしかない。


 ――通信魔法を使い、声を出すことなく、
 今ミッションのリーダーであるジャミが、

(ようやく動いたか……では、手はず通りに)

 そう言うと、

((((了解))))

 バロールたちは、口に出すことなく返事をして、
 それぞれ席を立った。


 ――今回、平熱マンから与えられているミッションは、
 『この世界のアンダーワールドから情報を得る事』。


 最重要メインミッションはもちろん『神帝陛下の盾』だが、『脅威の影すら見えない状況』で『ひたすら盾として神のそばにいるだけ』では宝の持ち腐れもいいところ。

 『どんな脅威から守ればいいのか』すら分かっていないこの状況では、
 脅威をサーチすることも盾の役目。

 神の盾ともあろう者たちが、『脳死壁』しかできないようでは話にならない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く