『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

41話 ボクは届いた。


 41話 ボクは届いた。

「師よ……あなた様のお言葉は、いつも、ボクを開いてくれる。100万年、必死になって積んできて、しかし届かなかった最後の領域……どうしても『届かなった世界』に……今のボクは……届いている……あなた様の、果て無き輝きが、ボクの背中を押してくれたから。――だから、これからも、ボクは前に進んでいける……偉大なる師とともに……永久(とわ)に……」

 平熱マンの全身が、鋭いオーラに包み込まれた。
 研ぎ澄まされている。
 魔力も充満していく。
 ――平熱マンは目覚めた。


「……まいります……」


 そう言って、平は飛び出した。
 空間を駆け抜けて、
 センの懐にダイブ。

 ――無詠唱で『召喚した剣』で嵐をおこす乱舞。

 研ぎ澄まされた一手。
 剣技の最果て。

 恐ろしく美しい神の剣。

 けれど、

「ん……なんというか……」

 センは、平の剣嵐を片手でいなすと、
 そのまま、豪速のバックステップで平と距離を取り、

「思ったほどではないな……『お前ほどの天才』が『100万年』も積めば、もっと大きく輝くと思っていたが……『想定していた範囲』の『底辺』を下回っている……」

 そう評して、
 直後、

「お前、ソウルゲートの中で昼寝でもしていたのか?」

 ビリっと、空気が引き締まった。
 センは、決して『甘い親』ではない。

 『素晴らしい結果』を出せば、もちろんほめたたえるが、
 しかし、
 ――『やればできるのにサボった子』に対しては態度が苛烈になる。

 ビリビリとした空気感の中、
 平は、

「師よ……今の剣技が『1000年を積んで得たもの』だとしたら、評価のほどは、どうなりますでしょうか?」

「……1000年で達したのであれば、『想定の範囲内』の『上限いっぱい』だ。よく頑張ったと褒めていただろう。しかし、お前がソウルゲートで過ごした時間は1000年ではなく100万年だ」

「はい。ですので、ここからは『99万9000年を積んで得たもの』をお見せいたします」

「……ほう」

 そこで、平は、
 『自分自身の最奥』へとアクセスして、



「わかる……もうボクは、届いている……」



 グっと奥歯をかみしめて、

「ボクは……この上なく尊き神の弟子……不相応にも、偉大なる神に愛していただけた幸運なる者……」

 言葉が結集していく。
 言葉は覚悟となり、そして象(かたち)になる。


 全ての『昇華された覚悟』を背負った平は、
 その想いを込めて、
 ――叫ぶ。





「 プライマル!!
     プラチナァァ!!
          スペシャルッッ!!」




 センは、その様子を黙ってみていた。
 沈黙と驚嘆の中でセンは、

(……マジか……『限界超えの可能性』が開くとは、マジで驚いた……しかし、今の平にプラプラが一つ追加されたところで、たかが知れている)

 などと考えているセンの向こうで、
 平は、かみしめるように、『自分の両手』を見つめていた。

 平に開眼したのは、
 究極の果てにあるスペシャル。
 ――『史上究極の弟子(勇者)平熱マン』――

 その効果は……


「師よ、確認いたします」

「あん?」


 ――『かすり傷の一つ』でもつけられたら、お前の勝ち。
   お前が勝ったら、『お前のいう事』を黙って聞いてやる――


「間違いございませんね?」

「お前が確認すべきは、お前が負けた時の条件だけだ。お前が勝った時の条件は確認する必要がない。ありえないから」

「……はたして、どうでしょうか」

「勝てんぜ、お前は」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く