『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

40話 リラ・リラ・ゼノリカ。


 40話 リラ・リラ・ゼノリカ。

(200億……本当に積まれたのか……ぃ、いや、コトはそれどころじゃない……『慣れてきた後半は、1000億にすればよかったと後悔していた』だって? なにを言っているんだ……こ、この御方は……本当に……な、なにを……言っているんだ……)

 平が混乱している間も、
 センはとうとうと、

「孤独を愛しているなんて言っていたくせに、お前らに会えない寂しさで、毎日のように泣いていたんだ。みっともない話だぜ」

 センの言葉は、いちいち『平の心』を包み込む。
 200億年というインパクト。
 『お前らに会えない寂しさで、毎日のように泣いていた』という言葉も、
 純粋に、平の心を震わせた。

 『愛されているのだ』という実感。
 『本当に、とてつもない御方だ』という再認識。

 そんな『とてつもない御方に愛されている』という事実に対する爆発的な狂喜。
 そして『なんで200億もたえることができるんだ』という純粋な疑問。

 すべてがないまぜになって、
 平の中で膨れ上がって、暴走して、弾けて、
 整うことなく、あっちこっちに散乱して、

「師よ……」

 あまたの感情が、なんとか『一つ』に統一された時、
 平の中で、『第何次目』になるかわからない革命が起きた。

 平は、胸に手をあてて、
 熱い涙をこぼしながら、

「……リラ・リラ・ゼノリカ……」

 あふれた想いを口にする。
 所詮はただの言葉。
 本来は何の意味もない言葉。
 『中学時代のセン』が思い付きでノートに書いただけの、しょうもない造語。

 しかし、生まれたキッカケなど、どうでもいい。
 というか『キッカケどうこう』を言い出したら『言葉』なんてものは、
 すべて、どこかの誰かが勝手に決めた『意味のない記号』でしかない。
 『意味がある言葉』なんて最初から一つも存在しない。

 意味がどうかとか、中身がどうかとか、
 そんなことはどうでもいいんだ。

 本当に大事なことは、
 『その言葉が何を背負っている』かと、
 『どういう想いで口にするか』の二つだけ。

「この上なく尊き師よ……いと眩しき、我が父、我が王、我が神よ……」

 非常に重たい呼びかけ。
 平は、センに『全て』を求めている。
 普通ならば、背負いきれるものではないが、
 しかし、センは、

「なんだ、平」

 迷わず受け止めて、そう言った。
 センが、『ゼノリカに属する者たち』の『親』を自称しているのは、
 決して『安いままごと』ではないという証。

 ちょっとした『父親気どり』などではなく、
 『父親が果たすべき義務は一つ残らず全うしてやる』という狂気の覚悟。

 センの覚悟を改めて再認識した平熱マンは、
 また涙を流してから、


「その『果て無く尊き御身』……ボクが、この命にかえても、お守りいたします」


 そう言うと、
 平は『センに否定の言葉を口にさせる』よりもはやく、
 胸に当てていた手をグっと握りしめ、


「師よ……あなた様のお言葉は、いつも、ボクを開いてくれる。100万年、必死になって積んできて、しかし届かなかった最後の領域……どうしても『届かなった世界』に……今のボクは……届いている……あなた様の、果て無き輝きが、ボクの背中を押してくれたから。――だから、これからも、ボクは前に進んでいける……偉大なる師とともに……永久(とわ)に……」


 平熱マンの全身が、鋭いオーラに包み込まれた。
 研ぎ澄まされている。
 魔力も充満していく。
 ――平熱マンは目覚めた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く