『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

39話 何を言っているのかわからない。


 39話 何を言っているのかわからない。

「正直……200億年という数字は……ボクだと、想像することさえできません……師は……本当に、そのような……」


 正直、平は『何かの間違いだろう』と思っている。
 記憶違いか、認識違いか。
 あるいは、『200億』というのは『何かの隠語』で、
 『実際の数字』とは異なるのではないか。

 もし、師から、
 『200億なんて、むりに決まっているだろ。あれは、そういう意味じゃなく、~~みたいなことで、実際の年数で言えば1000万年くらいだ』
 と言ってもらえたなら、むしろ、安心というか、ホっと出来るのだが、

 ――しかし、
 師は、そんな平の想像をあざわらうように、



「正直、200億という数字は、『日和(ひよ)りすぎた』と後悔している」



 などと『理解に時間がかかる発言』をかましてきた。

 当然、平は、

「……は?」

 と、ポカン顔になるのだが、
 センは追撃の手を休めずに、


「200億年……ソウルゲートで修行している間、ずっと思っていたよ。『ああ、1000億年にしておけばよかったぁ、へたこいたぁ』と」


「……」

 開いた口がふさがらなかった。
 平は、ただただ、フワフワとした心持で、
 なにをどう感じていいのかすら分からないでいた。

 そんな平に、神は言う。


「なんてな。冗談だ。そんなワケがないだろう。俺の小ボケを真に受けるんじゃねぇ」


 神の言葉を受けて、
 平は、ようやくホっとした。

(さ、さすがにそうか……一瞬『師ならば、あるいは』と思ってしまったが、さすがに、それはないか……というか『冗談』というのは『ドコ』からだ? もしかして、200億年という数字も、やはり、なにか別の数字をあらわす隠語か何かで――)

 と、平は、『自分の中の常識』で現実をはかろうとした――が、
 しかし、

「後半の『慣れてきたころ』からは、実際に何度か『1000億年にしておけばよかった』と思ったこともあったが、最初のころは、苦しくて毎日泣いていた。200億年をクリアできたのは、ぶっちゃけ、妙なたまたま。無我夢中で自分と向き合っていたら、いつのまにか終わっていた。それ以上でもそれ以下でもない。――そんなもんだ、俺なんて」

「……」

 神の言葉を受けて、
 平は混乱した。

 色々な情報が頭の中で錯綜していて、
 普通に大パニック。
 意味が分からない。
 理解できる範疇ではない。

(200億……本当に積まれたのか……ぃ、いや、コトはそれどころじゃない……『慣れてきた後半は、1000億にすればよかったと後悔していた』だって? なにを言っているんだ……こ、この御方は……本当に……な、なにを……言っているんだ……)

 本当に、一つも理解できなかった。
 これまでも、師の思考は突飛すぎてついていけない部分が多々あったが、今回は、これまで以上に、わずかも理解できない。

 現状『目の前にいる神』に対して理解できることは一つもなく、
 『言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい狂気だ』としか思えなかった。

 平が混乱している間も、
 センはとうとうと、

「孤独を愛しているなんて言っていたくせに、お前らに会えない寂しさで、毎日のように泣いていたんだ。みっともない話だぜ」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く