『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 ソウルゲートを経た平熱マン。


 38話 ソウルゲートを経た平熱マン。

 そして、中に入ると、
 平は、そのままの流れで、すぐに外に出てきた。
 と同時に、世界から退場するソウルゲート。


 センの視点では、
 壊れた『どこでもドア』をくぐっただけにしか見えなかった。


 ――『ソウルゲート』では、存在値を上げることができない。
   戦闘力(スキルの技術も含まれる)しか上がらない訓練所。
   だから、『純粋な見た目』に変化は見られない。


 扉をくぐる前の平熱マンと、
 扉をくぐった後の平熱マンに、
 『見た目の違い』というものはほとんどない。

 しかし、
 センの目には『その向こう側――本質』が見えている。
 だから、

「……随分と上げてきたな。オーラの質とツラ構えが違う」

 平熱マンの『ステータス上の数値』に変化はない。
 だが、
 戦闘力に関しては、別人のように進化していた。



「……この上なく尊き我が師よ……」



「なんだ?」

「一つお聞きしても、よろしいでしょうか」

「好きに聞け。俺はお前にモノを教えるのがメイン職だ。『神』としての仕事は副業にすぎない」

「……恐悦至極……もったいなくも、師の『暖かなお言葉』を賜り、ボクの全てが『この上ない喜び』に満ちておりまする」

「いちいち褒めんでいいと言っとろぉが。お前は本当に人の話を聞かんやっちゃな……」

 『センに触れた者』は、たいがい、
 『センの尊さを称えたくて仕方がない病』にかかってしまう。

 『アダムに散々注意したものの結局治らなかった』のと同じで、
 平も、何度注意しても、スキあらば、センをほめたたえてくる。

 ――センは、鬱陶しそうにため息を挟んでから、

「で? 何が聞きたい?」

「師は……あのソウルゲートで本当に『200億年』も……耐えることができたのですか?」

 センが『P型センエース1号』と会話していた際、
 P1が『ソウルゲートで200億年うんぬん』と言っていたのを、平は覚えている。

 平が、実際に体験してみて思ったことは次の通り。
 ――『100万年』でも精神的には、かなりギリギリだった。
 ――あれ以上は厳しい。
 ――おそらく、100万年前後が生命の限界点だろう。

 平は、本当に、ギリギリのギリギリで、ソウルゲートから帰還した。
 ハッキリ言って、何度か精神が崩壊しかけた。
 自分以外誰もいない場所で、ただ一人、孤独に黙々延々(もくもくえんえん)と修行をし続ける――その狂気は、はかりしれない。

 最初の1年、2年なら、元気溌剌で修行できた。
 だが、5年も経った頃には心が擦れてきた。
 10年たったころには『現実味』が消えていた。
 100年が経ったころ、平は自殺を考え出した。

 時間をナメてはいけない。
 数字をナメてはいけない。
 『完全なる孤独』の『底』で『ただ積み重ねるだけの一秒』を、
 ――ナメてはいけない。

 修行がつらいとか、そういう話じゃない。
 すべてが悪夢になっていくのだ。
 黒い白昼夢。
 心がすりつぶされていく。

 『命』は『一つ』では、生きていけないと分かった。

 圧倒的な孤独に打ちのめされ、
 何度も自殺を考えた。
 現実が乖離して、
 幾度となく自分を見失った。

 苦しくて、苦しくて、仕方なかった。

 ――師を失いたくない。
 ――そのための力が欲しい。
 その強い想いがあったから、
 どうにか、ギリギリ、
 本当にギリギリ、耐えきることができた。

 ――平は思う。
 もちろん師には負けるが、
 しかし、自分も『精神力』には、それなりの自信がある。

 そんな自分でも100万年が限界だった。

 耐えきれた自分を、本気で褒めてあげたいと平は思う。
 あの孤独地獄で100万年も耐えられる者はそうそういない。
 本気で思う。
 だからこそ、強く思う。
 200億なんて、そんな数字は絶対に不可能だ。


「正直……200億年という数字は……ボクだと、想像することさえできません……師は……本当に、そのような……」


 正直、平は『何かの間違いだろう』と思っている。
 記憶違いか、認識違いか。
 あるいは、『200億』というのは『何かの隠語』で、
 『実際の数字』とは異なるのではないか。

 ――と、そんなことを思いながらの質問だった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く