『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

30話 しょうもない雑務は俺(変態)にやらせておけばいい。


 30話 しょうもない雑務は俺(変態)にやらせておけばいい。

「俺に指一本で倒されるようなやつがどうにかできる相手じゃない」

 辛辣に事実を述べたあとで、
 冷たい口調から、
 暖かな声音に変えて、


「敵は強大だ。お前らを出すわけにはいかない。黙って俺に守られていろ」


 それは、天から降り注いでいるかのような、とても暖かい言葉だった。

「ゼノリカの仕事は『バカみたいな力を持った敵を殺すこと』じゃない。高潔な目を持つ管理者の役目こそが最大の責務。『常人には倒せない級のモンスター』の処理は任せるが、『最強神しか対応できないチートバケモノ』の排斥は俺の義務」

 これは過保護ではなく、役割の話だ、
 と、平だけではなく、自分にも言い聞かせるように、

「『異常に強大な敵の討伐』なんていう『しょうもない雑用』は、俺とか、ソンキーとか、そういう『頭がおかしい変態ども』にやらせておけばいいんだ。というか、俺にはその程度の仕事しか出来ないんだから、横取りしようとするんじゃねぇ。その仕事まで奪われたら、俺とか、いよいよ給料泥棒の窓際族じゃねぇか」

 慈愛と光にあふれた言葉。
 平は、尊さで溺れそうになる。

「俺ごときに『全貌』が見えるわけじゃないし、『それ』を想定して動いてきたわけでもないから、あまり、こういうことは言いたくないが、しかし、あえて言おう。――『人類という愚かな種の倫理的完成』のためには、お前たちが絶対に必要なんだ」

 『理想の神』が抱いてくれている『尊き理想』。

 ――『俺が苦しんだら解決する仕事』は俺が全部やってやる。
   だから、お前たちは、輝く明日のためだけに生きろ――

 理想の神が抱いてくれている『理想』に触れたことで、
 あらためて、平熱マンは、涙を流した。
 暖かな光。
 こぼれて、あふれて、


(師よ……主よ……この上なく尊き神の王よ……)


 素直に、まっすぐに、
 平は――『自分は幸運だ』と思った。

 絶対的な多幸感に包まれる。
 感謝があふれて止まらない。
 平は『これ以上ない主』に出会えた。

 『この上ない主が目の前に存在してくれている』。
 これ以上の幸福はない。

 思考が推移していく刹那の中で、
 平熱マンは、少し想像してしまう。


 ――もし、この御方がいなくなったら――


(イヤだ……)

 心の底から湧き上がってきたド直球の感情。
 装飾された言葉では表せられない本気の想い。

 もはや、平熱マンにとって『主が存在しない世界』にはなんの価値もない。
 からっぽのヌケガラ。
 目的と価値を失った、醜い廃棄物。

 ――だから、

(この御方だけは……失うわけにはいかない……絶対に……)

 より強くそう思う。

(仮に、ゼノリカが全滅しても、この御方さえいれば、どうとでもなる……人類は愚かだが『この御方の尊さ』が理解できないほど愚かではない。『センエース』という『この上なく尊い神』が生きてさえいれば……『存在』してくれさえいれば、ゼノリカは、どれだけボロボロにされたとしても問題なく再生できる……人類の倫理的完成に必要なのは……ボクらじゃない……あなた様だけ……この上なく尊きあなた様御一人だけ……)

 沸き上がってくる。
 心の扉が開いた気がした。
 これまでに、何度も開いてきたが、
 少し奥をさぐってみると、まだまだ扉はたくさんあって、
 一歩前に進むと、また別の扉が開いたんだ。

(……『命の未来』には……ゼノリカには……ボクには……あなた様の背中が必要なのです……ほかの何を失ってもいい。あなた様だけが……すべての希望)

 ――平の魂魄に、グワっと熱がともる。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く