『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 剣を抜く平熱マン。


 27話 剣を抜く平熱マン。


「お言葉ですが、天下の者たちは『ゼノリカのために死ぬ覚悟』を決めている者たちです」

 そんな平の発言に、
 センは辟易しながら、
 諭し返すように、
 ゆっくりと、
 幼稚園児にでも語り掛けるように、

「いいか、平。冷静になって、耳をかっぽじって、よぉく聞け。いいか……俺は『誰も死ぬ必要がない』と言っているんだ。天下の連中はまだ弱いが、しかし、死に物狂いで厳しい訓練に耐え、聖人と称して何ら問題ない高潔な意思をもって、世界(第2~第9)を守るために日夜戦ってくれている人類の宝」

 とうとうと、ゆっくり、
 丁寧に、言葉を紡いでいく。

「あいつらは、お前が言うように、『決死の覚悟』で世界を支えてくれている。そんな連中を失うわけにはいかないんだ。『大した敵もいないエックス級のザコ世界』で『お使い』をさせるならともかく、こんな『ヤバそうな地獄』で『鉄砲玉のように使いつぶす』など俺が許さな――」



「師を! お守りできるのであれば! ほんの少しでも、師のお力になれるのであれば! それが、何よりの誇りとなり、彼らの魂を輝かせることでしょう!」



 どうやら平は、
 『師に抗い続ける』という覚悟を決めたようで、
 ――『頑として譲らない表情』をもって、
 センと対峙する。

「バキバキの目で言いやがって……そういう『俺主体』の『自己犠牲』はいらねぇって、何度言わせれば気がすむ? これまでにさんざん言ってきたのに、どうして理解できない。10回、20回じゃねぇぞ。これまでに、100億回くらい言ったんじゃねぇか? 流石にそこまでは言っていないか? 回数はどうでもいいが、とにかく、いい加減、言い飽きた」

 グっと視線に力をこめて、

「……俺の背中を見て『道』を決めるのは結構。『追わせるに恥じない背中』であり続けてきた自負はある。それは認める。しかし、俺は一度も『俺を大事にしろ』とは言ってねぇ。俺はお前らの親になると決めた。親が子を守るのは当たり前。お前らが俺を守るんじゃねぇ。『俺』が『お前ら』を守るんだ」

「育てていただいた恩を! その、返しきれぬ多大な御恩を! 全力で返そうともがくのが、子のせめてもの役目だと愚行します!」

「なら、生き延びて『本来の役目』を果たせ。第2~第9アルファに、お前らは絶対に必要だ。こんな謎世界でカナリアになる必要などない。というより、俺が許さない。一人もかけることなく、本来の使命をまっとうしろ。これは命令だ。『俺』の命令だ。神の王の命令を――ちゃんと心に刻みやがれ」

「どうしても……おひとりで行かれるとおっしゃるのですか?」

「俺が『孤高体質』だってことを排除しても、ここは俺一人でいくのがベスト。どう考えても、最も安全で最善の策。俺が苦しんで解決することは俺にやらせておけばいい。それだけの話。…………平、本末を見極めろ。大事なことは、俺が安全かどうかじゃないんだ。そんなことはどうでもいいんだよ。ていうか、なんだ、俺の安全って。アホか。過保護も大概にしておけ」


 『それはこちらのセリフだ』とでも言いたげな顔をしてから、
 平は言う。



「どうしても聞き入れてもらえないというのなら……しかたがありませんね」



 そこで、平は剣を抜いた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く