『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

18話 いろいろと厄介。


 18話 いろいろと厄介。

「今日の私はあくまでもチュートリアル。仕事は全て終わった。というわけで……さらばだ。月光の龍神」

 そう言って、ウムルは消えてしまった。

 センは逃亡を妨害しようしたが、何をしても繋ぎとめることができなかった。
 干渉できない力で逃げられた――その事実が、またセンの怒りに触れる。

(くそがぁ……どうやら『噂のラスボス』は『俺と同等かそれ以上』とみて間違いないっぽいな……もちろん、まだ確定じゃないが……ここまでに得た情報だけを並べてみると、そうとしか思えない……)

 『強制』に対し『逆らえない』――その理由。
 もしかしたら『とてつもなく重たいアリア・ギアスを積んでいるだけ』という可能性もなくはないが、

(仮に、ガチガチのアリア・ギアスを積んでいるパターンでも、『俺と同等かそれに近い力』がないと執行させるのは不可能……)

 どのパターンであれ、
 『噂のラスボス』が『脅威』であるという事実に変わりはない。

(さっきのウムルとかいうカスとは違い、ここのラスボスは『楽勝で狩れる獲物』じゃない)

 ハッキリ言って、ウムル程度ならどうとでもなる。
 10体くらいまでなら、同時に相手をしても余裕。
 仮に『ラスボスの配下』が『想像を絶する数』で存在したとしても――
 仮に『1000体』や『10000体』という膨大な数に及んだとしても、
 しかし、
 『強大な敵×10000の討伐』という経験なら十分に積んでいるので問題はない。


(数のゴリ押しには慣れている……もちろん、かつてない絶望を体験することになるだろうが、絶望の殺し方なら知っている。問題は、数値を超越した脅威……弱さをのみこみ、『それでも』と叫び続ける狂気……)

 存在値1000を上限にするという、ワケのわからないイヤがらせ。
 ゼノリカを使って脅しをかけてくるという、底意地の悪いイヤらしさ。

 その『歪み方』は、
 どこかで『自分』を感じさせる。

(P1が言っていた『D型』とかいうやつが、ここのラスボスか? ……仮に『D型』が『俺をモチーフにしたバケモノ』だったとしたら……2号やP型センキーなんかよりも、はるかに高性能な『俺感』を有しているとしたら……)

 ――俺より強い程度のやつに俺は負けない――
 その『特異性質』を有しているバケモノを相手にする『面倒くささ』は計り知れない。

 P1も、P2も、それに近い性質を有していたが、
 しかし、どちらも、しょせんは『劣化パチモン』だった。

 ――俺より強い程度のやつに俺は負けない――
         VS
 ――俺より強い程度のやつに俺は負けない――

 その二つがホコタテした場合、
 もちろん『その性質』がより強い方が勝つ。
 ゆえに、これまでは、最終的に、楽勝で勝ってきた。
 しかし、今後もそうだとは限らない。


(負けるとは思っていない。しかし……)


 センエースは思う。
 誰が相手であろうと、最後には必ず勝ってみせる、と。

 しかし、『ガチスペックの自分』だけは相手にしたくないなぁ、とも思う。

(なんにせよ、今回の敵も、俺以外じゃ、どうしようもない……まあ、そこに関しては『いつも通り』だから、別にいいんだが、問題は、前提条件……俺以外も強くならないと門が開かないと云々ってのが……極悪にうぜぇなぁ……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く