『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 ブチギレ。


 15話 ブチギレ。

「貴様一人がいくら強くなっても、時空の門は開かない」
「俺一人だけじゃダメって……また、えげつないことを言い出したな……」

「最初にハッキリと言っておこう。もし、貴様が、時空の門を開くことが出来なかった、その時は……」
「なんだよ。ためるな。鬱陶しい」



「――ゼノリカの全てを犯して殺す――」



「……」

「ゼノリカの天上に属する者だけではない。第2~第9アルファに存在するすべての生命に、限りない絶望と苦痛を与え尽くす」

「……」

「それがイヤなら、死ぬ気で挑め。ゼノリカと共にな。……言っておくが、私の『宣言』は、貴様がたまに使う『演出』などではない。貴様が届かなかったとき、私は必ず実行し――っ」

 そこで、ウムルの言葉が詰まった。
 一瞬で、わずかではあったが、しかし、体が震えた。

 一言で言えば、
 『センの怒気』にあてられて、
 普通にビビってしまったのだ。





「カスが……」





 センエースを包む熱が、グンと膨れ上がった。
 出力自体は上限である『1000』のままだが、
 内に秘められた膨大な熱量が尋常ではなく膨れ上がる。

「俺の宝に手を出したらタダじゃおかない云々……なんて脅しは意味がないから言わねぇ。『やる』と覚悟を決めているやつに『後悔』を先に立たせることは出来ない。そんなことは知っている。だから俺は、『脅し』でお前を止めようとはしない。……だが、これだけは知っておけ。俺を『本気で怒らせる』のはやめておいたほうがいい。テキトーなギャグをかましてチョケている間は、そこそこ慈悲深い神のつもりだが、本気でキレたら、このセンエースって男は何をするかわからない」

 ウムルは、

「……」

 一度目を閉じて、
 『一瞬だけとはいえ怯んでしまった自分』を叱咤・猛省し、
 短い深呼吸を挟んでから、
 ニィっと、黒く笑いなおして、

「……はっ。好きなだけ切れるがいいさ。貴様の感情など知ったことじゃない。あえて、もう一度言ってやる。貴様が、時空の門を開けなかったその時は……お前の宝を徹底的に凌辱する。絶対に、だ」

「……そうか。お前の覚悟、しかと受け止めた」

 そう言うと、
 センは、
 瞳孔をガン開(びら)いて、



「その覚悟と勇気に敬意を表し……少しだけ、俺の『怒り』を見せよう」



 そう宣言した直後、
 ウムルの視界からセンエースが消えた。

 ――消えたと脳が認識したと完全同時、

 ウムルの脳天に、

 ガツゥゥゥンッッ!!

 と、凶悪な衝撃は走った。


「がっはぁあああ!!」


 一瞬でウムルの頭上をとったセンの、
 衝撃的なカカト落とし。

 意識をハゲ散らかされて、グラっとするウムルに、
 センエースは続けて、



 ――裏閃流秘奥義 百華・神速閃拳――


「ぐがががががががががががががががっっっ!!」



 無詠唱で繰り出された裏閃流秘奥義――『百華・神速閃拳』、
 『繰り出された100の拳がウムルの全身をボコボコにするのにかかった時間』はコンマ数秒。

 おそろしい速度の、おそろしい連撃。
 とことんまで拳速を追求した先制技。
 無詠唱にすることで『発動するまでの時間』さえも削った、
 スピードという概念を極めた一手。
 いわゆる『でんこうせっか』の究極最果て技。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く