『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

13話 存在値1000。


 13話 存在値1000。

 センはブレイクダンスのような鮮やかな回転で体勢を立て直すと、
 自由で高度なフェイントを入れつつ、
 空間を翔(か)けまわっているウムルを、
 静かな心でとらえ、

(出力的には存在値1000くらい……だが、戦闘力はかなり高い)

 今は、ただの準備運動なので、
 センも、相手の『流』に合わせるだけに抑えている。

(この戦闘力で、1000が最大出力ってこたぁないわな。おそらく、全力は、数十兆クラス……)

 ウムルは明らかに神闘を解している。
 老練で軽やかな流。
 内に秘められた美しいコアオーラ。
 長き時を積み重ねてきた神の輝き。

(……かるく手合わせしてみた『現時点の評価』だと……『流石にソンキーよりは弱いが、ソンキーを相手にした場合でも、場面を整えてしまえば勝ってしまう可能性はなくもない』ってところか……)

 採点が終わると、
 センはニィと笑い、

(さすがは扉の向こう側。『最初の草むら』から飛び出してきた『チュートリアル』が既に最強クラス。いいねぇ……最高だ……そうでなくちゃ面白くない)

 心の中でそうつぶやくと、
 センは、

「さて、ウォーミングアップはこのぐらいでいいだろう」

 そう言いながら、首や肩を軽くまわし、

「……それじゃあ、そろそろ、あんたの最大出力を教えてもらおうか」

 そう言って、

「まずは挨拶がてら、俺の方から――」

 グっと腹の下に気合を込める。
 スっと、両手を合わせて、心を一つにして、

「――神化――」

 『神々の領域』で殴り合おうと決めて、
 深く気合を入れなおしたのだが、
 しかし、


(……ん? ギアが入らねぇ……いや、ギアどころか、そもそもの力も……)


 『いつもならググっと沸き上がってくる力』、
 それをまったく感じない。

 わずかも膨れ上がることなく、
 ただ、シンと静かなまま。

(……なぜだ。どうして――)

 自分の状況に首をかしげるセン。

 神の力は特定の場所でしか使えない。
 しかし、センだけは例外。
 その例外は、どこであれ変わらなかった。

 なのに……

(この世界は『この俺ですら神化が使えない世界』ってことか……?)

 困惑していると、
 ウムルが言う。



「この『真・第一アルファ』で神の力は使えない。神化どころか、存在値1000以上の出力すら許されていない」



 疑問に対する答えを得たセンは、

「……ほう」

 低い声で、そう返事をした。

(1000が限度……確かに、それ以上の力は出せねぇっぽい……)

 どれだけ力をこめても、
 いつもの力(存在値3000)は出せなかった。

 ※ センの基礎存在値は、3000オーバーなのだが、
   常に、3000オーバーの出力を出して生きているわけではない。
   このへんは、握力に例えた場合がわかりやすく、
   握力50キロの人間が、
   日常生活で常に50キロの握力を出して生活しているかというと、
   絶対的にそうではないわけで、
   つまりは、センの存在値も、
   力を使う時の基礎は3000オーバーだが、
   日常生活では、当然、10~50くらいということ。


「お前がいかに『特別な資質』を有していようと『虚空のアリア・ギアス』には逆らえない」

「虚空のアリア・ギアスねぇ……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く