『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 万物最強の、真なる王。


 12話 万物最強の、真なる王。



「――『舞い散る閃光センエース』。世界最強は、お前じゃない」



 ウムルの『その挑発』を受けて、
 センは、

「……ふぅん」

 低トーンで返事をする。

 ほんの少し、心が熱化したが、
 しかし、ウムルが発している特質性の奇異が、センエースの魂を鎮火させた。

 センは、ウムルを探るような目でとらえる。
 それは、図り切れていない目だった。

(俺のプロパティアイですら何も見えない……純粋な『見た目』でも、奇妙という点以外は何もつかめない……そして、こいつは、無知ではなく、『俺』が誰かを知っている……)

 いったん、『その事実』と向き合ってから、
 スッっと、短く息を吸って、

「では、誰が世界最強なのかな? そこのところ、ぜひ、ご教授願いたいね。もしかして、あんたが世界最強? だとしたら、ぜひ、お手合わせ願いたいな。『この俺』も、世界最強とまでは言わないけれど、しかし、そこそこ強いと思うから、退屈はさせないと思いまっせ」

 センの返しは、ようするに『やるならやったるぞ』だったのだが、
 ウムルはセンの返しをさらりと流し、
 なんとも事務的に、
 淡々と、感情のない声で、
 まるで、事前に用意された台本のセリフでも諳(そら)んじているかのように、



「我が王は……貴様をはるかに超える虚空。万物最強の、真なる王」



「ふぅん、なるほど、なるほど。あんたの上司が最強なのね。了解でーす。で? いろいろ教えてくれて助かったけど、その目的は? 俺よりも強いヤツがいるって『真理』を俺に教えることがあんたの命題だってことはよくわかったし、あんたが教えてくれた『真理』は、俺にとって非常にショッキングな内容だった。――で? そういう諸々の行動にいたった動機は? 俺に真理を教えて……だから? いつだって、大事なのはそこだろ? 違うかい?」

 センエースの問いに対し、
 ウムルは、
 安定のシカトを貫いて、



「我が王は、私などとは比べ物にならないくらい強い」



「あんたの王はすごい。あんたよりも強くて、すごくかっこいい。――うん、はいはい。それはもう十分わかったから、少しは会話をしようぜ」

「その事実を、忘れるな」

「だから、それは分かったと言って――」

 と、センが心底ウザったそうな顔であしらおうとしたところで、


「――っと!」


 ふいに、ウムルが豪速で殴り掛かってきた。
 しなる体を弾ませて、
 その拳を、ロケットのように突き付けてきた。

 ギリギリのところで回避するセン。
 スウェーでよけたのは余裕からではなく、
 状況的にそれ以外の選択肢はなかったがゆえ。
 つまりは最善策を強制された結果。

(はやいな……)

 心の中でそうつぶやくと、
 リンボーに近いスウェー状態のまま、
 右手を地面にそえて、左足を軸に、右足の膝を、
 グンッッ!
 と、強く、突き上げる。

 ウムルの腹にぶちこむつもりだったが、
 ウムルは瞬間移動でその場から消えていた。

(軽やかだねぇ……)

 そう評価しながら、
 センはブレイクダンスのような鮮やかな回転で体勢を立て直すと、

 『自由で高度なフェイントを入れつつ空間を翔(か)けまわっているウムル』を、
 静かな心でとらえ、

(出力的には存在値1000くらい……だが、戦闘力はかなり高い)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く