『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

7話 砂漠のシーバン。


 7話 砂漠のシーバン。

「……もういいだろ。わかったはずだ。お前じゃ、どうあがいても、俺には勝てない。お前はもう終わった。いいかげん――」

 『いい加減折れろ』と命じようとして、

 けれど、そこで、
 センBは、

「……なにいってんだ、バカが……ここからだろうが……」

 フラつきながらも、
 膝を地面から離し、

「この『いやがらせ地獄』の『先』に待っているんだ。……『今の俺を置き去りにした俺』が……『今の俺より強い俺』が首を長くして待っているんだ……だから、止まらねぇ……止まってやらねぇ」

 そう言って、両の拳をギュっとにぎりしめる。
 センBの目には、わずかな淀みもない。
 澄んでいて、中は燃えている。


 それを見て、
 シーバンは、

(たかが分身の分際で、兄貴みたいな目しやがって……)

 自分の兄を思い出す。
 おそろしく優秀で、高潔で、
 しかし、それがゆえに『世界という理不尽』に対し苦しんでいた兄の目。


『どうすれば、世界を変えられる……
  このカスみたいな世界を……どうすれば……
     ……俺にできることはなんだ……』


 シーバンの兄『サーバン』は、ガキの頃からずっと、くだらないことに悩んでいた。
 トーン共和国の中枢『クリアランス家』と対をなす『サバーニャ家』に生まれ、
 歴代でもトップクラスの武才を有し、主席のカバノンなんかよりもよっぽど賢くて、
 だから、望めばなんでも手に入るのに、サーバンは、いつだって、
 その澄んだ瞳で、『ここではないどこか』をにらみつけていた。

 そして、その大きな背中を、
 シーバンはずっと追い続けてきた。

 ――センBは、
 黄昏(たそがれ)ているシーバンをにらみながら、



「――さぁ、行くぞ、砂漠のガアラ! お前を超えて、俺は『俺の先』に行く!」



「……シーバンだ。誰だ、ガアラって」

 言いながら、
 シーバンは、
 『殴り掛かってきたセンB』の拳をスルリと避けて、
 センBの腹部にガツンと膝をいれた。

「ふぐぅ!」

「もう、お前の動きは見切った。お前は弱いが、数値よりは強い。それは認めてやる。なかなかいない『鉄火場に強い』タイプ。『血圧が高くなると、少しだけ動きの切れがよくなる』。非常に怖いタイプ。しかし……わかってしまえば、あとは適切に対処して終了。もう、お前の拳は、二度と俺には届かない」

「このぼけ……なに、ガチンコで対策してきてんだ、空気よめよ……お前の方が圧倒的に強いんだから、『ようすをみている』とか『わらっている』のターンをはさんでこいよ。俺がかわいそうだろ」

「何を言っているのかわからんが……で? まだやるのか?」

「あたりまえだろ。俺(センエース)が勝つまで闘いは続く。それがこの世界の真理なんだよ」

「……そんなふざけた真理があってたまるか」

 などと言い合っている間も戦闘は続いていた。
 戦闘というか、殴り合い。
 ほとんどボクシング。
 ――ボクシングというか、スパーリング。
 両者の間にある差は、
 『ヘビー級のチャンピオン』と『ジムに見学に来た中学生』くらい。

「……そんなに冒険の書が大事か? いや、もちろん、冒険の書は大事なものだが『絶対に勝てないと分かっている相手』に血相を変えてまで挑まなければならないほどのものか?」

「俺にとってはそうでもねぇよ……けど、あんたにとっては、そのぐらいの価値があるんだろう。なんせ、どこかの物好きに売れば『かなりでかい孤児院』でも1000年ぐらいは余裕で運営していける金が手に入る代物だからな」

「……っ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く