『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 降参だ、おめぇの強さはよぉくわかった。オラはもうやめとく。


 27話 降参だ、おめぇの強さはよぉくわかった。オラはもうやめとく。

「……ゴートを空気扱いして、俺の意識から消す……か。しょうもない手だ。自分が、そんなくだらない手に負けたとは……思いたくないな……」

「くだらない手ねぇ……まあ、後からなら何とでも言えるさ。『その時、その瞬間の意識を奪い合う闘い』の『結果』に対する『論評』ほどお寒いものはない」


「……」

「鉄火場では、いつだって、どんな方法であれ『敵の目を欺けた方』が勝つ。どれだけしょうもなかろうと、どれだけ安っぽい『珍手』だろうが、勝ったやつが正解になる。それが戦争だ」

「……そうだな」

 P型センキー・ゼロオーダーは、うなずきながら、

「その理(ことわり)。心に刻んでおくよ、テンドウクスオ」

 そう言ってから、
 今度は、ゴートに視線を向ける。

 視線を向けられたゴートは一瞬だけ身構えた。
 少し震えている。
 折れてはいないが、しかし、明確な恐怖を感じている。

 そんなゴートに、
 P型センキー・ゼロオーダーは言う。



「降参だ。お前の強さはよーくわかった。俺はもうやめとく」



 そんな、敗北宣言を受けたゴートは、

「……」

 数秒、固まってから、

「……それは、あれか? 『出番だぞ、〇〇』とか言って『キレさせたらヤバい危険物』を出してくる前フリか?」


「いや、ただの降参だ。俺は敗北を認めた。だから、お前はリーン・サクリファイス・ゾーンをとりもどせる。よかったな」


「……」

「……『無限転生・改』の『余(あま)り』……本当なら『お前に使わせる予定』だったんだが……まさか、俺が使うハメになるとは……情けない話だ……」

 P型センキー・ゼロオーダーが『把握』したミッションのキモは、
 どっちが『無限転生・改の余り』を使うか、という点にあった。

「……何を言っているかよくわからんのだが?」

「俺だって、詳細は知らない。俺の中には『闘いに関する知識』と『ミッション内容』しかない。俺はそれだけの存在で、それ以外は必要のない存在」

「……」

「細かいことは俺も知らん。ただ、とりあえず、とにもかくにも、お前の勝ちってことだ、ゴート・ラムド・セノワール」

 そう言いながら、P型センキー・ゼロオーダーは、
 そこで、なんの前触れもなく突然に、
 『己の胸部』に手をつっこんで、
 中から『心臓』をちぎり取ると、

「受け取れ」

 言って、自分の心臓を、ゴートに投げた。

「どわっ」

 『急に心臓を投げつけられる』という経験が皆無のため、
 当然のように困惑したが、
 状況的にスルーするわけにもいかず、
 ゴートは、投げつけられた心臓を両手でしっかりと受け止めた。

「最初に伝えた通り……今日から俺は、お前の剣だ」

「……」

「俺が必要なくなったら、その心臓をつぶせ。そうすれば、俺は死ぬ。無限転生・改は完全に枯渇しているから、もう復活はできない」

「……」

「迷うな、ゴート。俺はお前の剣だ。自由に使えばいい」

「……その話を信じる根拠は?」

「全快の状態で復活した今の俺なら、疲弊したお前とクスオを殺しつくせる。しかし、それをしないで、心臓を差し出した。十分な根拠だと思うが?」

「……」

 まだ悩んでいるゴートを横目に、
 P型センキー・ゼロオーダーは、

「舞い散る閃光と彷徨う冒涜の調和『P型センキー・ゼロオーダー』と、究極超天使『テンドウクスオ』……その二翼を率いる最強のラスボス『ゴート・ラムド・セノワール』……なかなかいいパーティになってきた……そう思わないか?」

「……お前は、リーンをさらい、拘束した。そう簡単に、お前を信じるわけには――」

「傷つける気は一切なかったし、実際にかすり傷一つつけていない。お前を本気にさせるための手段に使ったことは謝罪しよう。しかし、このクリスタルは、酸素カプセルみたいなもんで、中に入っていれば、睡眠不足と疲労がとれる。感謝されることはあっても、非難されるいわれはない」

「あのクリスタルが本当に酸素カプセルだったとしても、さらって、むりやり詰め込んでいるんだから、非難されるいわれは充分にあるだろ」

「では、どうする? その心臓を握りつぶすか?」

「……」

「俺を使え、ゴート・ラムド・セノワール。そして、究極のラスボスになれ」

「……お前の命令を聞く気はない……けど……条件は決して悪くない……」

 そうつぶやいてから、

「少しでも不穏な動きを察したら、その場で殺す……いいな」

「なんの確認だ? 俺はずっと、好きにしろと言っているだろ」


 こうして、結成された、とんでもない狂気をはらむ『ラスボス軍』。

 驚異のEXレベル&無限チートという絶対狂気『ゴート・ラムド・セノワール』
 千兆規模の軍を有するマエストロ、究極超天使『テンドウクスオ』
 【舞い散る閃光の複製】×【彷徨う冒涜の影】『P型センキー・ゼロオーダー』

 圧倒的な戦力となったラスボス軍!!
 そんな過剰戦力を有するラスボス軍の明日はどっちだ?!


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く