『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 このぐらいやれば勝てる。


 23話 このぐらいやれば勝てる。

「なんでだ……すでにDSNのアンチフィールドは張ってある……DSNみたいなチンケな技は、知られてしまった時点でアウト……そして、俺は普通にDSNの警戒をしていた……なのに、なんで……」

「そりゃ。DSNは使っていないからな」

「は……では、どうして、俺にカウンターを――」

「心におごりができたからさ。……見た目のせいなのか、そういうオーラでも出ているのか、それとも俺の業なのか……詳細については知らんけど、とにかく、大概のやつは、どんだけ注意しても、必ず俺をナメてくる……『このぐらいやれば勝てる』と実際よりも俺を低く見積もる。そして、俺も、そんな自分の資質を最大限にいかす。いつもと同じさ。ナメさせて、ナメられて……そして、そのスキを撃つ」

「……」

「純粋な話だよ。お前が想定しているよりも、俺は少しだけ強い。その『ズレ』をコンマ単位でデジタルに想定して動いている俺と、完全に見失っているお前……その違いが、現状を生む」

 言いながら、クスオは、ゆるりと両手で弧を描き、

「これだけ言っても、お前は、まだ、俺をナメてかかる……そして、気づいたときには、俺が優勢になっている……劣勢に陥ってから気づきな。俺の怖さに」


「なるほど……お前はそういうタイプなのか……しかし、お前がそういう存在であるという攻略データは届いていない……これもまた『誰もが、テンドウクスオをナメてしまう』という特性の現れなのかもしれないな」

 またポ〇モンを例に出すが、
 仮に、自分の手持ちが圧倒的に強かったとしても、
 敵に関して『無知』であれば、当然、ハメられて負けてしまう。

 レベル1の雑魚ポケでも、メガ〇ックウザを倒す方法などいくらでもある。

 だから、『戦闘力』とは『知識』でもある。

 P型センキー・ゼロオーダーの戦闘力は相当な高みにある。
 それは、単純に殴る蹴るがうまいというだけではなく、
 『戦闘に関するありとあらゆる事象』の知識も豊富であるということ。

 だから、当然『神の召喚獣』の一柱である『テンドウクスオ』のことも知っていた。
 知っているつもりだった。
 ――だが、



「武の道はイヤになるほど深いな……もっとシンプルでいいと思うんだが……」



 ため息をつきながらそういうP型センキー・ゼロオーダーに、
 クスオは、

「悩むなよ。お前はありのままでいい。どうか、そのままのバカでいてくれ。そうしたら、気づいたときには、俺が勝っているから」

「……ふふ」

 P型センキー・ゼロオーダーは、おかしそうに笑ってから、
 ギンッッと目を光らせて、

「いい挑発だ。どうしても笑って受け流せない……非常に上質な挑発」

「挑発? 違うな。『どうかバカのまま死んでくれますように』と祈っているだけだ。祈りが届きそうもない相手の時は、もちろん、祈ったりなんてしないわけだが……ほら、お前の場合、アレだから……」

「……うたうねぇ。安っぽいソウルレリーフの分際で、よくもまあ、そこまでうたえるもんだと感心する」

「安っぽい? 自己紹介か?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く