『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

14話 なんで、俺の前には、常に俺よりも強い変態が立ちふさがるんだ。


 14話 なんで、俺の前には、常に俺よりも強い変態が立ちふさがるんだ。


「……ぐぅ……はっ……ごほっ……ぅ……」

 なすすべもなくボコボコにされ、あっさりと崩れ落ちるゴートに、

「まあ、当然の結果だな」

 そう言いながら、P型センキー・ゼロオーダーは、あくびをかみ殺す。

 『今のP型センキー・ゼロオーダー』の視点では、
 『今のゴート』など弱すぎて相手にならない。
 あくび交じりのナメプで余裕の完封。

「……くそったれがぁ……」

 自分の弱さに呆れながら、
 呪うような目でP型センキー・ゼロオーダーをにらみつつ、

(なんでだ……なんで、俺の前には、常に俺よりも強い変態が立ちふさがるんだ……)

 自分の運命を呪う。
 いつだって、そう。
 『強さ』を手に入れたと思ったら、直後にいつも、示し合わせたかのように『ゴートの強さ』を『大きく上回るバケモノ』が登場して、ゴートに絶望をつきつける。

 まるで誰かが、『ゴートを絶望させるためのスケジュール』でも組んでいるかのように、毎度、毎度、休むことなく『面倒で厄介な敵』が登場する。

「くそったれ、くそったれ、くそったれ……」

 自分の『不運』に対して恨みを吐き捨てながら、
 頭の中では、


(どうする……どうすればいい……考えろ……どうする……)


 これまでは、必死にあがいて、どうにか絶望を乗り越えてきた。
 しかし、

(……か、勝てる方法なんてあるのか……こんな『完成した絶望』とでも呼ぶべきバケモノに……)

 あらためて、目の前に立ちふさがるP型センキー・ゼロオーダーの威容を見て、
 ゴートは心底から絶望する。

(最強の神と、究極の神が合体した……完全なる闘神……そんなもんを、俺ごときがどうにかできるのか……仮に、ここでテプが出てきてくれたとしても……一個や二個のチートでどうにかできる状況だとは思えねぇ……)

 テプの限界を把握しているわけではないが、
 しかし、これまでの経験から、
 『テプに何ができる』のか、おおよその見当はつくようになった。

(100個くらい、一気にチートを積んでくれでもしない限り、このP型センキー・ゼロオーダーという規格外の絶望は超えられねぇ……)

 などと考えていると、
 まるで、その想いに呼応するかのように、
 ゴートの指にはまっている指輪がカっと光った。

 深い輝きが、一瞬、空間を埋め尽くす。
 複数のジオメトリが連鎖して、空間の中で幻想的に織り合った。

 すべての線が揺らぎながら重なって、
 立体的な美しい幾何となって、それが淡いだけの光になる。

 モヤモヤとした光が、瞬時にかわいらしい女の子の形になって、
 そして、


「テプ0時を過ぎたよぉー」


 ガチャルトホテプが出現して、

「さあ、一日一回の『ガチャルトホテプ・ガチャ』チャーンス。さあ、君は何を引けるかなぁ」

 そう言ったテプを横目に、
 P型センキー・ゼロオーダーが、

「よかったな。起死回生のチャンスじゃないか。さあ、今から『戦隊モノの敵役』ばりに、ジっと息を殺して、お前がチートを引くのを待っていてやるから、好きなだけ天に祈りをささげながら、全身全霊でガチャをひくといい」


「……くそみそナメてくださって、どうもありがとうございます……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く