『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 限界まで利用させてもらうぞ。


 3話 限界まで利用させてもらうぞ。

(フーマーとラムドがぶつかれば、確実に、両者とも疲弊する……どっちが勝とうが、残るのは死にかけのエサ。あとは、肥大した魔王国の軍で、両者とも飲み干す事ができる。大事なのは、私が、その時の総大将についていること)

 ようするに、ショデヒにとって大事な事は、
 フーマーと拮抗出来る戦力があるか否か、それだけ。

 フーマーにぶつける駒(王)の存在が、ショデヒの待ち望んでいたチャンス。

 ショデヒにとって、ラムドは最高の駒。
 これ以上ない、理想の大将。

 単騎で飛車角の仕事ができるバカ。

 ラムドを上手く活用できれば、
 ショデヒは『手持ちの駒』を減らす事なく、フーマーを削る事ができる。

(限界まで利用させてもらうぞ、ラムド。……フーマーを削る道具として、きっちりと使い潰させてもらう)

 『きっちりと使い潰す』――ここが肝。
 大勝はいけない。
 大敗もいけない。
 和平は絶対にありえない。

 フーマーとラムドが『ちょうどよく疲弊』する。
 『その最善』に届く『調節』が、ショデヒのメインミッション。

(もっとも大事な点は、余力を残させないこと。ほどよく疲弊させるには、私が、戦力の実質的な支配権を握ることが必須……その権限を得るのが一番難しいと思っていたが……)





『ショデヒ、お前は、話に聞いていた通り、なかなか優秀だな。お前には俺の右腕……つまりは、魔王軍全体の元帥の役割を任せようとおもう。できるな?』

『ありがたき幸せ。我が王、ラムド様のお役にたてるよう、誠心誠意、努力させていただく所存』

『お前の王はリーンだ。あいつの夢を叶えるために、お前は軍を任された。その事を忘れるな』

『ははぁーっ!』





 ラムドは、ショデヒを疑うことなく、
 あっさりと権限を与えたのだった。

 結果、ショデヒは、ラムドに対し、

(あいつはバカだ。リーンと大差ない)

 という判断をするに至った。

(力はハンパじゃないが、知能の方はさほど高くない。というより、知能の全てを召喚の力にあてていて、他にまわす余力がないのだろう)

 ラムドの召喚能力は、間違いなく世界一。
 召喚術は、バカに扱える能力ではないので、当然、ラムドの頭の出来は悪くない。

 しかし、政治にかんしては愚かと断じて問題ない。
 ラムドが国を動かす際にやっていることは、その圧倒的な力を振りかざすだけであり、
 とても政治と呼べるものではない。

(あのバカの最も愚かな点は、根源的思想がリーンと同じというところ)

 少し話すだけでも理解できた。
 ラムドは、『平和』を望んでいる。
 アホのリーンが散々謳っていた、『温かい平和』という幻想を、
 なんとも驚くべき話だが、ラムドも、その胸に抱いているのだ。

(完全なる平和を実現した理想郷という『絶対不可能』な夢を見ているバカ……盲目なバカほど扱いやすい駒はない。ラムド……貴様は、甘い夢に溺れていればいい。そんな、砂糖をまぶしたような愚かしい夢は、賢者に貪られるエサでしかないと教えてやる)


 かつてのアルファでも、そう考えたものはやまほどいた。
 自称賢者が考えることは、いつだって同じ。
 『限界を最初に決めてから』でないと行動できない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く