『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 絶対に降りてやらねぇ。


 11話 絶対に降りてやらねぇ。

 センエースは、『センエースを折るため』に、必死になって、

「折れろ……いい加減……なんで……」

 けれど、

「……どうして……」

 ギュっと、握りしめた拳。
 強く、強く、強く、握りしめた、その拳で、
 センエースは、

「あああああああああああ!!」

 自分を殴りつけた。

「うぁあああああああ!」

 何度も、
 何度も、
 ――何度も!!


 だから、





「……それでも……」

 センエースは、

「叫び続ける勇気を……」





 前を向く。
 今も、ギュウギュウと、
 重たい圧力が、センエースの心を殺そうと襲いかかってきている。

「ナメんじゃねぇ……って……最後の最後の最後まで叫び続ける……そんな『頭おかしい勇気』を……この『核爆発みたいな弱さ』にも立ち向かえる……そんな『狂ったような勇気』を……」

 鬼難度のタワーディフェンスみたいに、
 とても対処できそうにない波状攻撃を受けながら、
 しかし、
 それでも、
 センエースは、


「……奪い返す……絶対に……」


 血の涙を流しながら、
 へし折れそうになりながらも、
 ギリギリのところで踏ん張りぬいた。

 その、いと尊き『この上なく偉大』な『至高の魂』を抱えて、

「……シューリ……アダム……心配するな……すぐに行く……俺は絶対に折れない……俺は……必ず……」

 絶対的絶望。
 正しい象(かたち)すら保てない牢獄の囚人。

 ほんの少しでも気を抜けば、グシャリとヘシ折れてしまう、
 そんな地獄の底で、

「殺してやる……すべての理不尽を、不条理を……跡形もなくバラバラにしてやる……最後の最後まで、俺は絶対に抗い続けてやる!!」

 勇気を叫び続ける。
 当然の話。
 諦め方なんざ、とっくの昔に忘れたから。

「――『いつまで頑張ればいい?』なんて、そんなカス以下の弱音はいらねぇ……そんな弱さに寄りかかってなんかやらねぇ!」


 【どうせ死ぬのに、なんで、頑張るの?】


 ――その問いに、センエースは即答。





「……決まってんだろ……俺がそれを望んでいるからだ」





 頑張り続ける事を、センエースは望んだ。
 すると、その背中についてきた者たちが現れた。

 『センエースが望んでいるから』
 そのワガママな理由は、センエース(自分)を突き動かす『推動力』にとどまらず、
 センエースを信じている者達を奮い立たせる『動機』にもなった。

 センエースという稀代の英雄が、
 薄っぺらな理性をぶっちぎって、
 世界を包み込んでくれたから、
 『センエース以外』の『不条理の根絶を渇望していた者達』も、
 震える足に鞭を打つことができた。

 『あの背中についていく』――その覚悟は、いつしか、何よりの誇りになった。

 その繋がりは連鎖して、
 大きくて温かな光になった。

 そして、世界は変わった。


 ――ゼノリカ。
   全てを包み込む光――


 全ての不条理を殺した世界。
 誰もが、全力で、『確かな明日』を信じられる世界。

 不可能じゃなかったんだ。
 ただの妄想に終わらなかった。

 世界中の賢者連中が、『そんなものは無理だ』と嘆いている間に、
 全力で絶望と向き合い続けたバカがいた。

 そのバカは、どんな時でも、揺るぎないバカで在り続けた。
 どんな絶望を前にしても『それでも』と抗いつづけた。

 すると、
 なんということでしょう。
 『そんな世界は創り得ない』とモノ知り顔で謳っていた賢者共の前に、
 気付けば、理想の世界が出来あがっていたのでした。





「絶対に降りてやらねぇ! 俺はまだ、ここにいる!!」





 神は、まだここにいる。
 この地獄で、必死にもがいている。

 ――だから、
 ――叫べるんだ。
 ――本物の……本気の覚悟を。




           
           :
         〈# #〉
        [\(#)/]
    [\ ( \ * / ) /」
「――(((――【【ヒーロー見参】】――)))――」
    [/ ( / * \ ) \]
        [/(#)\]
         〈# #〉
           :
           


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く