『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 リハーサルもバッチリ。


 10話 リハーサルもバッチリ。

「おわり、おわり! はい、終了! 世界、おわりました! P型センキーが、世界をペロリといっちゃいました。『世界』ってのは、あいつが『美味しく頂くための豚』にすぎませんでした! めでたし、めでたし! 以上ぉおおおおおお!」

 慟哭は、常に筋の通った正論で、
 だから、余計に、ハリボテの情動を固執させていく。

 この世界は、『頑張らなくていい理由』で溢れている。
 この世界では、積み重ねた分だけ苦しくなる。

 誇張でも、空言(そらごと)でもなく、
 事実、世界は、いつだって、『崩れるのを待つ砂上の楼閣』でしかない。

「俺を信じている連中は全員バカだ! 俺に寄りかかり、俺を利用し、俺に依存するだけのクソばかども! まとめて全員死んでくれ! すぐでいいぞ!」

 『自分以外の何か』に当たり散らして自分を守る。
 この『ブサイクな弱さ』が、ここちいい。
 『逃げていいんだ』って証が、全身を優しく包み込んでくれる。

 ドロっと甘い蜜。
 体が軽くなった。

 なるほど、これは、中毒になる。
 理解できた。
 センエースは、脆弱(ぜいじゃく)という麻薬の価値を正当に理解する。

「ああ、なんだ……これで良かったんだ……簡単な事だった……こんなにも簡単に、自由になれたんだ……静かな安息……豊かで、優しくて……」

 ――『イタズラな領域外の牢獄』――
 ここは、
 センエースという原始概念を殺すためだけに創られた固有世界。

 『そのため』に、
 『そのためだけ』に、
 幾千億(いくせんおく)のアリア・ギアスが積まれた限定空間。

 何度も、何度も、何度も、くりかえされた試行錯誤。
 おそろしく丁寧に整えられた下準備。
 D型を使ったリハーサルもバッチリ。
 この空間こそが、対センエースにおいては、完璧最強の特異領域。

 『それでも』――と、湧き上がってくるセンエースの胆力を端から殺しつくす。
 この世界は、『立ちあがること』を許さない。

 どれだけ『心の強い者』でも、『ここ』では『ただのクズ』になる。

 たとえ『根性キ〇ガイ集団ゼノリカ』の『天上』に属する者であろうと、
 ここに『現状のセンエースと同じ条件』で閉じ込められたら、
 絶対の『待ったなし』で、一秒と持たずにへし折れる。

 耐えられるはずがない。
 耐えられてはいけないのだ。
 確定で、間違いなく、誰であろうと、ここに閉じ込められた瞬間、
 一言も言葉を発する事なく、魂を持たない屍になるだろう。

 ――だが、センエースはまだ喚いている。

 いまだ、センエースが、ごちゃごちゃと喚いているのは、
 まだ、『言い訳』に頼らなければ『自分を折る事』ができそうにないから。
 センエースは、今、必死になって、
 自分に対し『はやく折れろ』と言い聞かせている、

 つまりは、
 まだ折れていないのだ。



 ――センエースは、
    まだ闘っている――



「ああ……自由だ……これでいい……この安息以外、何もいらない……スッキリとした……心も頭も……すべて……楽で……自由で……だから……」

 奥歯が軋む音がした。
 血走った目は、とても『自由になった男』のソレとは思えない。
 安寧や自由なんて言葉を使ってはいけない、
 ひどく歪んだ、狂気の表情。


「俺はもう闘わない……絶対に……絶対にだ……」


 全力で、『折れろ』と自分に言い聞かせる。
 必死になって、屈服させようとしている。

「俺は……もう降りた……降りたんだ……すでに……とっくに……もう終わっているんだ……だから……」

 たくさんの言葉を使った。
 山ほどの言葉を使った。

 センエースは、『センエースを折るため』に、必死になって、

「折れろ……いい加減……なんで……」

 けれど、

「……どうして……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く