『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 真紅と翡翠と金紫。


 4話 真紅と翡翠と金紫。

 ――ミシャ(業)は、
 ゆったりと武を構えて、

「どんな絶望を前にしても、決して諦めなかったヒーロー……あんたは、あたしの光……あんたがいないと、あたしはただの骸(むくろ)……だから、あたしは……あたし自身のために、死んでも、あんたを取り戻す!!」

 深く、
 空間にキズをつけるような流。
 荒々しく、
 優美に、

「――はっ……しょせんは、カスみたいなザコ女三匹……寄り集まったところで、たかが知れている」

 ふところに踏み込んできたミシャ(業)に対し、
 ドストレートなカウンターで対抗するP型センキー。

 ガンッッ、

 と、顔面の骨が砕けるほどのカウンターだったが、
 しかし、ミシャ(業)はニィと微笑み、

「――真紅と翡翠と金紫――」

 呪(じゅ)を唱えると、
 真紅と翡翠と金紫に染まった『三本の鎖』が出現し、

「ぐぶぅ!!」

 P型センキーを捕縛した。
 ギチギチと音をたてしめつける。
 ミシャ(業)は、ギラついた目で、P型センキーをにらみつけ、

「あたしは……『あたしたち』は……『もう』、何も出来ないカスじゃない」

「ぐっ……」

 P型センキーは、
 アイテムボックスに顔をつっこむと、
 そこに眠るお目当ての魔カードをくわえこみ、
 アイテムボックスから顔を出すと同時、

「きんしあかーど、しよーきょかよーせー」

 カードをくわえたままなので、きちんと発音はできていないが、
 しかし、それでも、要請は通る。
 要請は通った――が、
 許可されるかどうかはまた別の話で、



『残念だが、ボーレ、それは通させないぞ。これは、俺の、せめてもの意地だ』



 P型センキーの耳に、『ここではないどこかからの声』が響いた。
 その声の主は、


『……【これ】だろ? これさえ封じれば、お前に手はない。これは俺の、最後の意地』


 『ソル・ボーレ』によって殺された『ピーツ』の怨念。
 つまりは、とてつもなく深い執念。

 超極小とはいえ『この上なく尊い神の王』になれた可能性――その未練。

 P型センキーに対して反逆の意を示したのは、ピーツだけではなかった。
 ピーツの未練に引っ張られるようにして、

『よくもお嬢を殺しやがったな』
『よくもお嬢を殺したわね』

 ハッキリとした怒り。
 じっとりと重い、怨みの気迫。
 ドコスとエーパの怒りは、
 そのまま、彼女の怒りにも直結する。
 ――カルシィが言う。

『貴様は、私の大事なものを奪った……許さない。その想いを込めて、だから、最後の、最後の、最後の意地を通す……』

「っ……か、カスども……っ……だが、貴様らごときの意地など、二秒でブチ破って――」

 と、そこで、さらなる声が響く。

『20年……世界という巨視で見れば、とても短く儚い時間……しかし、私は確かに積んできた』

「……っ……パガロまで……くっ……鬱陶しい……っ)

『――世界に刻まれた【神の軌跡】が流れ込んでくる。死を経て、私は、また一つ、神を知ることができた。ああ、尊き神よ。あなた様は美しい。最果ての主は、私が想像していたよりも、はるかに尊き神だった。――大いなる神よ。尊き主よ。命の王よ。私はあなた様の敬虔な使徒。だから、当然、私も……あなた様にならいましょう。最後の最後まで、絶対にあきらめない。その意思を貫きましょう。……リラ・リラ・ゼノリカ……』

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く