『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 愛しさで溺れそう。


 3話 愛しさで溺れそう。

 ミシャ(業)は、

「――かごめかごめ――」

 つぶやきながら、
 禁止魔カードを破り捨てる。

 すると、

 P型センキーの全身がガっと熱くなって、

「……ぐっ……」

 極度の脱力。
 全身の奥から、魂魄を引っぺがされるのを感じた。

「む、だだ……センエースは隔離してある……心を殺す事だけに特化した異次元――『イタズラな領域外の牢獄』……たとえ、『かごめかごめ』でも、手出しは不可能……」

「そんな事は知っている」

「あぁ?!」

「取り戻すのは『可能性』……」

 言いながら、
 ミシャ(業)は、その小さな両手を、P型センキーに向けて、


「大事な人……とてもとても大切な人……守ってくれた……あんたは、たくさん……」


 大粒の涙をながしながら、
 一度、飲み干すように、目を閉じて、




「……愛(いと)しさで溺れそう……」




 そうつぶやいてから、
 ギっと目を開き、


「幾億(いくおく)の……刃のように、冷たい涙……
 必死になって、飲み干しながら……
 無限の痛みを心に背負い……
 それでも、あんたは……あたしなんかのために……」


 膨れ上がる想いに推動されて、

「必ず守る。あたしは、あんたの側にいる。そのために、そのためだけに、『私の全部』は存在している。たとえ、『他の全て』を忘れても……この誓いだけは……絶対に、絶対に、絶対に忘れない!!」

 ミシャ(業)の叫びに呼応して、
 P型センキーに飲み込まれた『シューリ』と『アダム』が拍動する。
 心と魂魄が、ドクンと強く脈を打つ。

 強く、強く、強く!!
 強く、強く、強く、強く、強く!!!


(くっ……くそ……これは、ムリだな……神気の行使は、センエースの隔離だけで一杯一杯だ……アダムとシューリをとどめておくことまではできない……)


 鈍い汗と歯ぎしり。
 P型センキーは、無駄な抵抗をやめて、
 自分の中から、
 アダムとシューリを切り離した。

 P型センキーの魂魄から切り離された二人のコアは、
 ユラユラと、一度、迷子になりかけたが、
 しかし、
 ミシャ(業)の、


「……こっちだ、バカ女ども」



 強い叱咤を受け止めると、
 もう迷わず、
 まっすぐに、ミシャ(業)をもとめた。

 重なった、
 三つのコア。

 ミシャ(業)と、アダムと、シューリ。

 異質なオーラを持つ三人の女が、
 今、この時、この瞬間だけ、





「「「……抗えなかった悔しさで、涙を流しているのが分かるよ。はは……『あんた』は本当に……いつまでたっても、『泣き虫』だね……」」」





 声は、少しだけ重複していたけれど、
 すぐに、調和されて、

「大丈夫。すぐに出してあげるから……」

 ――一つになる。

 それまでとは、何もかもが異なる、特異なオーラ。
 闇が混じっているけれど、おどろくほど温かい。
 冷徹だけど、芯はポカポカしている……そんな、歪な光。

 ――ミシャ(業)は、
 ゆったりと武を構えて、

「どんな絶望を前にしても、決して諦めなかったヒーロー……あんたは、あたしの光……あんたがいないと、あたしはただの骸(むくろ)……だから、あたしは……あたし自身のために、死んでも、あんたを取り戻す!!」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く