『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

2話 ミシャンド/ラ(業)。


 2話 ミシャンド/ラ(業)。

 センエースの携帯ドラゴンは、
 グワっと天を仰ぎ、

「きゅぃいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

 と、まるで、何かを呼び寄せているかのように、大声で鳴いた。

「や、やかましい……なんだ……?」

「きゅぃいいいいいいいいい!!!!!!」

 全力で、
 必死に、
 決死の覚悟で、
 センエースの携帯ドラゴンは、認知の領域外を砕き割らんばかりの勢いで鳴き喚く。

「……うるさいと言っている」

 P型センキーは、イラっとした顔でそう言うと、
 そのまま、ガバァァと大きく口を開いて、
 やかましく叫んでいる『センエースの携帯ドラゴン』をバクっと丸のみした。

 ゴクンと嚥下してから、

「ふぅ……まったく……最後の最後まで、うっとうしいゴミが……まあ、しかし、これで、完全に終了――」

 そうつぶやいた、
 その直後だった。

 空間に、ビシリと、亀裂が入って、
 その奥から、





「……まだ、終わりじゃない……」





 ――『彼女』は現れた。
 禍々しいオーラを放つ、小柄な邪神。
 その死紅に濡れた邪眼は、まるで常闇を飲み込んでいるかのように鋭いが、
 しかし、纏うドレスは、その小柄な体形にマッチしており、
 乙女チックかつ鮮やかで華やか。
 体に絡みつく、邪悪なアポイタカラの蛇。
 頭部を飾る、イバラの冠が二輪。
 なんとも歪で妙なコントラスト。

 ※ 『彼女』が纏うドレスの名は『ナタリー』。
   ミシャのレオンと対をなす、究極超神器(もちろん、センエース作)。
   ちなみに、『彼女』がセンエースによって初めて召喚されたときは、
   彼女の邪悪さにふさわしい漆黒の衣をまとっていた。

 ――『彼女』の威容を目の当たりにしたP型センキーは、
 少しだけ、眉間にしわをよせて、

「……ミシャンド/ラ……」

 彼女の名前を口にした。

 しかし、すぐに、

「いや、違うな……本体ではない……お前は……そうか……」

 納得したように、一度頷いてから、

「センエースが背負った……『ミシャンド/ラの業』だな。なるほど……センエースは、散り際に、出来うる全てを『遺(のこ)していった』という事か……」

 正しい答えに辿り着いたP型センキーに対し、
 『ミシャ(業)』は、
 スっと、P型センキーの胸を指さしながら、

「そいつは……」

 本体の、愛らしい声とはまったく性質の異なる、
 おどろおどろしい声で、

「あたしの男だ……」

 狂気が滲む、闇色の声のまま、

「……かえしてもらう……」

 その宣言を受けたP型センキーは、

「……はっ……お前に何ができる」

 まっすぐな挑発を受けて、
 ミシャ(業)は、
 堂々と、





「最愛の男を、取り戻せる」





「ははっ。ハシャぐなよ、ミシャンド/ラ(業)。……ミシャンド/ラの『力の根源』であるお前は、『絞りカスでしかない本体のミシャンド/ラ』よりも遥かに『大きい』が……『ミシャンド/ラより遥かに大きい』という程度のカスが、今の俺をどうにか出来るワケないだろう。俺はP型センキー。『舞い散る閃光』と『彷徨う冒涜』が調和した姿。すなわち、究極の闇。お前ごときが――」

 と、そこで、
 ミシャ(業)は、右手を、アイテムボックスに突っ込んで、
 一枚の魔カードをとりだした。


 その魔カードから発せられているオーラを感じ取ったP型センキーは、
 一瞬で、キっと、表情を締めて、

「っっっ?! て、てめぇ……どうして、それを……っ」

「不愉快極まりない『禁忌の邪悪さ』が、自分だけの特権だと、いつから錯覚していた?」

「……っ」

 ミシャ(業)が、歯噛みするP型センキーをにらみつけたまま、

「禁止魔カード、使用許可要請」

 そう言うと、
 ほとんど、かぶせるように、

 ――許可する――

 声が聞こえた。
 ミシャ(業)は、
 その流れのまま、

「――かごめかごめ――」

 つぶやきながら、
 禁止魔カードを破り捨てる。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く