『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

最終回 ゲームオーバー。


 最終回 ゲームオーバー。

「もちろん、お前の視点で言えば、大事な女を奪われた形になるから、拍手喝采とはいかないだろうが……ここは、一つ、そういう個人的な視点を捨てて、まっすぐに、俺を見つめてみろ。どうだ? ……震えないか? 恐怖からではなく、この、いと高き尊さにあてられて」

 などと、P型センキーがごちゃごちゃ言っている間、
 ――その間も、センエースは一歩も動けずに、ただ固まっていた。
 二人の愛する女神を傷つけられたことで、心の中は、暴風のように荒れていたが、
 しかし、どうあがいても、この謎の呪縛を外すことはできなかった。

 この呪縛……センは、決して、黙って受け入れているわけではない。
 センエースは『自分にできる、ありとあらゆる解呪』を試したが、
 しかし、どうやら、『禁止魔カードの執行』によって組み立てられた『この呪縛』は、通常の呪縛とは、質があまりにも違いすぎるようで、
 センエースの抵抗をいっさい受け付けなかった。

「ふふ……さすがに、今は、激昂しすぎて、この美しさを素直に受け入れる事など不可能か……」

 やわらかく微笑んでから、
 P型センキーは、
 ゆっくりと歩を進め、

「今の俺の存在値は……いったい、どのくらいだろうな。17兆から上は、どの手段をもってしても、デジタルには測れなくなるから、正式なところは分からないが……100兆は……流石に超えていないか……もしかしたら、超えているかもしれないが。ふふ、わからんな。ま、ここまできたら、数字なんざ、どうでもいい。今、ここにある事実は一つ。――『本当の頂点』に、今の俺は立っている。それだけがすべて」

 センの目と鼻の先までくると、
 そこでピタっと歩を止めて、
 センの目を見ながら、

「さて、センエース。お前を縛る鎖はまだ千切れそうにない訳だが……どうする? このまま、俺に殺されるか?」

 センは必死に抵抗した。
 抵抗して、抵抗して、抵抗して、
 けれど、
 センは動けない。

 ただ全力で、睨みつけることしかできない。

「自分よりも強い相手を前にして、その上、一歩も動けないというのに、目の奥に灯る光には、わずかな揺らぎすらない。お前の精神力には、心底から感嘆する」

 P型センキーは、そうつぶやいてから、

「ソンキーの力を借りる事もできない。念願だったゼンとの融合も不可能。ゼノリカは、ここには入ってこられない。現状のお前に救いはない。お前は、もう、死ぬしかない。その事実を、お前はキチンと認識している。お前が、そうして『いつまでも前を向き続けていられる』のは、決して『愚か』だからではない。強いからだ。本当に強いから。お前より心が強い者は、この世に存在しない。断言してやる。俺の御墨付きだ。お前は強い。お前は最強だ」

 とうとうと、
 本気のメッセージを並べてから、

「しかし、死ぬ。俺には勝てない」

 最後に、

「ゲームオーバーだ、センエース」

 そう言って、
 P型センキーは、グワっと大きく口を広げて、
 迷いなく、





 ――バクッッッ





 と、センエースを丸のみにしてしまった。

 わずかな咀嚼ののち、
 ゴクリと飲み込まれ、

 そして、
 だから、
 しかして、
 必然的に、
 P型センキーは、

「……終わった……何もかも……」

 天を仰ぎ、

「3号もD型も必要なかった……やはり、不可能だったんだ……いや、ここまでこられただけでも、褒めてやるべきだろう……よくやったよ、ほんとうに。喝采しよう。お前は素晴らしかった」

 ぼそぼそと、

「ずいぶんと長い実験だったが、終わってみれば、あっけない最後だったな……いつもと同じだ……最後は、いつも空虚で、はかなくて……」

 P型センキーの言葉通り、
 本当にあっけない最期だった。

 しかし、リアルなんて、こんなもの。

 ゲームオーバー以外は許されていない地獄。
 それが『現実』という最強の狂気。

 というわけで、みなさん、さようなら。
 センエースは負けてしまいました。
 けど、こっちの方がリアルでしょ?
 主役だから勝つわけじゃないってこと。
 これが現実(リアル)。
 よって、これも、いわゆる一つの、

 めでたし、めでたし!!

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー341225

    1
コメントを書く