『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

27話 「「「「「「「「「「「「「「「「開け、烈空閃光モード」」」」」」」」」」」」」」」」


 27話 「「「「「「「「「「「「「「「「開け、烈空閃光モード」」」」」」」」」」」」」」」」


「遠慮するな。俺も、今のお前の全部を把握しておきたいんだ。というわけで、さあ、みっともなく無様にあがけ」

 P型センエース2号の煽りを受けて、
 ゼッキは、
 一度、ギリっと奥歯をかみしめてから、

「……開け、殺神遊戯モード」

 強化モードを使用する。
 稼働時間が極端に短くなってしまう代わりに、
 スペックが爆発的に上昇する積み技『殺神遊戯モード』。

 続けて、

「開け、天影太陰モード」

 宣言の直後、ゼッキのエグゾギアは翡翠の粒子に包まれる。
 そして、
 同時に出現した複数のジオメトリから、
 『蒼黒のオーラを放つゼッキの影』が出現した。

 8体の天影は、ギッと、P型センエース2号を睨みつける。

 ここで終わりはしない。
 その8体全員で、一斉に、

「「「「「「「「オーラドール・アバターラ」」」」」」」」

 最高峰の分身魔法を使用する。
 結果、そこには、160体の、ゼッキが出現した。

 その160体のゼッキは、
 出現すると同時、
 一斉に、右手を天に掲げ、


「「「「「「「「「「「「「「「「開け、烈空閃光モード」」」」」」」」」」」」」」」」


 宣言と同時、
 160体のゼッキが鋭い閃光に包まれた。

 強い、強い、発光。
 全ての暗闇をも裂きうる極大の輝きは、
 在(あ)る瞬間を持って、一斉にパァっと散っていった。
 
 ――光が晴れた後に残ったのは、


「……これが、『今の俺』の全力だ」


 深きオーラに包まれた『独(ひと)り』だった。
 全ての天影とオーラドールを飲み込み、
 存在値を劇的に底上げした、
 聖なる殺神アスドラ・ゼッキ・ミラージュ。

 その存在値は、
 驚愕の、
 『5000億』!!


 ※ 裂空閃光モードは、決して融合ではない。ゆえに、存在値が、足し算や掛け算でバカ上がりするわけではない(上がらないわけではない。重なったことによって、通常時よりも出力は増す)。
 裂空閃光モードの一番のメリットは、160という無数の自分を一つにすることで成される『歪みの矯正』。
 純粋に、己という個の『純度』を高める覚醒技。
 他者との合体では、むしろ歪みが生じるが、
 自分との統一化では、むしろ、歪みは削られる。
 ――つまり、裂空閃光は、フレーバーテキスト的に言えば、
 【存在値をそこそこ上昇させ、戦闘力をかなり底上げするモード】である。


 そんなゼッキの神々しい姿を見たP型センエース2号は、

「はははっ! すごいじゃないか、ゼン! ほんの数週間前まで、存在値一ケタの中学生だったのに、こんな短時間で、もう超神級の領域に達しているとは!」

 心からの拍手喝采。
 本気で、ゼッキをほめちぎるP型センエース2号。

 ――『5000億』という数字は、もちろん、究極超神センエースやシューリやソンキーやバグやゴートやソルといった超常の連中と比較すれば、カスみたいな数字。
 だが、大事な点は、『銃を持っていないオッサン以下だった中学生』が、たったの数週間で、超神という領域まできたという、その圧倒的な成長率にある。
 この速度で、この領域に達していながら、
 ゼッキの成長率的ピークはまだまだこんなものではないという事実は驚嘆に値する。

「それほどの速度で強くなった者は、例外中の例外である『タナカトウシ』以外だと、お前だけだ、ゼン」

「……はぁ? なんで、そこでタナカトウシの名前が出るんだよ。つぅか、なんで、あいつの事を知って――」

「まあ、あの例外は、お前よりも短時間で、お前よりも遥かに高い場所まで駆け上がったがな。あの例外が辿り着いた場所は、今の俺が、さらに『絶死のアリア・ギアス』を積まなければ届かないほどの狂気的な高み」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • れいしゅふぃあ

    最初から読み直そかなw

    1
コメントを書く