『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 センエースをナメんじゃねぇ。


 23話 センエースをナメんじゃねぇ。

「何かしらの奇跡を起こして、もう一度耐えてみる? 別にそれでもいいよ。そしたら、続けて、3発目をブチ込むだけだから。つまり、お前は、どうあがいても終わりってこと。――最後に何か言いたいことはある?」

「はぁ……はぁ……」


 ボロボロ満身創痍のP型センエース2号は、
 無様にフラつきながら、肩で息をしつつ、

「……全部、想定外……何が悪かった? 俺は何のミスもしていないのに……なぜ、こうなった……」

「それ、俺に聞いてんの? それとも、いつもの、わけわかんない電波でサイコな独り言?」

(いや、原因は分かっている……センエースだ……あいつが全部わるい)

 ひどい目眩(めまい)がしている。
 激痛で頭が上手く回らない。
 吐き気がして、耳鳴りがして、脳が痙攣している。

 ハッキリと死にかけている。
 これは演出ではない。
 嘘偽りない。まっすぐな死に際。

(あいつの『影響力』が、フローチャートを台無しにした……完璧だった計画が全て穢(けが)された……)

 ギリっと奥歯をかみしめて、

(ここで、ゼンに殺されたら……ラスボス・プロジェクトが停止する……そ、それはダメだ!! そうだぁ! ダメなんだよぉぉっ! 最悪、あっけなく殺されるにしても……センエースを体験してからでないと、なんの意味もない! こんなところで終わるわけにはいかないんだよ……っ)

 頭では理解できているのだが、
 体が動かない。

「ダメなのに……ダメだ……ダメだって、こんなところで終わったら……わかってる、わかっているのに……くそ……わかっている……けど、ムリだ……心が……もたない……この絶望は……許容範囲外……俺では……むり……」

 ガクっと、ついには体を支えることすらできなくなって、地に膝をつく。

「さっきの異次元砲を耐えるのに、ほぼ全部を使ってしまった……オーラも魔力も、ほぼ完全に蒸発した……このインターフェイスはもうダメだ。捨てていくしかない……ってのに、現時点で利用可能な代替品は存在しない……詰んだ……」

 うなだれているP型センエース2号に、
 ゼッキは、

「……P型センエース2号……その名前の意味が、俺にはイマイチ理解できていない……だけど、もし、それが、『俺の名前』を模しているのだとしたら……」

 フンッ、と鼻で笑い、

「……手前味噌だが、言わせてもらう。『名前負け』にもホドがある。それとも、それだけ、俺がナメられているということなのかな? ……どっちにしろ不快だな。俺なら、さすがに、もう少しだけふんばる。他に何も持たない俺だが、根性とあきらめの悪さだけなら自信があるんだ」

 言ってから、
 さらに、もう一段階、両手に注ぐ魔力とオーラの量を増やす。





「……『センエース』をナメんじゃねぇ」





 最後にそう言って、
 ゼッキは、異次元砲を放った。

 迸(ほとばし)るエネルギーの乱舞。
 この一撃は強大。

 P型センエース2号は理解した。
 耐えられない。
 絶対に無理。

 ――時間が圧縮された。
 いわゆる走馬灯。

 死を前にして、全てがスローになる。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く