『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

22話 あっけない幕切れを眺めながら。


 22話 あっけない幕切れを眺めながら。

「存在値が今の俺に匹敵するだけあって、HPがハンパなく高いな……けど、流石に、そろそろ死ぬだろ?」

 ゼッキはそう言うと、
 両手にオーラと魔力を込めはじめる。

 先ほどよりも、少しだけ長く、深く、エネルギーを溜めていくゼッキ。

「今度は、『隠れる余裕』なんか与えない……仮に、この一発を耐えたとしても、すぐに次の照射をブチ込んでやる」

「……ぐ……」

「全力を試せなかったのは残念だけど……まあ、アスドラ・ゼッキ・ミラージュを試せただけでもラッキーだったと思う事にするよ、じゃあな、P型センエース2号……つぅか、改めて認識してみると、ほんとイカれた名前だな、お前」

 最後にそう言って、
 ゼッキは、異次元砲を放った。

 空間にヒビを入れながら、
 巨大なエネルギーの塊が、P型センエース2号を喰い殺そうと、獰猛に襲いかかる。

「くっ……い、異次元砲ぉおおおっっ!!」

 P型センエース2号は、
 先ほどとは違い、
 自身の異次元砲で、ゼッキの異次元砲を受け止める。

「うぐぐ……ぬぅう!」

 P型センエース2号の戦闘力は『ゼン以下』という悲惨なものだが、
 しかし、存在値は、アスドラ・ゼッキ・ミラージュに匹敵するほど高いので、
 異次元砲に注ぎ込める魔力とオーラの量も、かなり膨大。

 だから、受け止めることはできる。
 あっさりと飲み込まれたりはしない。
 決して、ゼッキの異次元砲に対抗できないわけではない。


 ――が、そこまでが限界。
 P型センエース2号は、オーラや魔力をコントロールする技術でも、
 わずかに、ゼッキより劣っている。
 頼りの存在値も、ゼッキよりじゃっかん低いP型センエース2号では、
 ゼッキの全力異次元砲を完全に耐える事は不可能。

「がぁああああああ!!」

 押し切られて、直撃!!

 表の世界の連中からすれば、惑星の崩壊にも等しい激烈なエネルギー。

 当然、P型センエース2号のHPを大幅に削った。
 ――ものの、

「ぐぅへっ……ごほっ……はぁ……はぁ……っ」

 殺し切ることは出来なかった。
 いや、あえて、『見事に耐えきった』と評価しておこう。

 P型センエース2号は、
 その素晴らしい耐久力で、
 ゼッキのとんでもない一撃を耐えきった。

 しかし、無意味!

 事前に宣言されていた通り、

「すごいな、マジで。ぶっちゃけ、耐えてくるとは思ってなかった……けど、まあ、結果は何も変わらない」

 すでに、ゼッキは、両手にオーラと魔力を溜めはじめていた。
 冷静に、流れるように、次弾の準備をしつつ、

「何かしらの奇跡を起こして、もう一度耐えてみる? 別にそれでもいいよ。そしたら、続けて、3発目をブチ込むだけだから。それに耐えたら、また次を撃つ。五発、十発……必要なら、100発だって撃ってやる。……いや、流石に、燃費の悪さがハンパない異次元砲を100発も撃つのは不可能かな……でも、まあ、10発前後は余裕。つまり、お前は、どうあがいても終わりってこと。――最後に何か言いたいことはある?」

「はぁ……はぁ……」




「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く