『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 いいだろう。お前のワナにまんまとかかってやる。


 21話 いいだろう。お前のワナにまんまとかかってやる。


「30パーセント……微妙なラインだな……あんたの全力がどの程度か不明だから、なんとも言い難いけど……」

「どうだ、ゼン。今の俺なんか倒したって、なんの自慢にもならないんだし、ここは、少し待ってみないか?」

「……ふむ」

「1号のデータが追加された俺は、間違いなく、お前と悪くない勝負ができる。俺は、どうしても『1号のデータが追加された俺』になりたい。その願いさえ叶えれば、あとは、お前に負けてもいい……というわけで……この通り、伏して頼む……少し待ってくれないか?」

 ほんの少しだけ悩んでから、ゼッキは、

「……いいだろう。お前のワナにまんまとかかってやる。好きなだけ時間を稼ぐがいいさ。なさけないままの貴様を倒しても自慢にはならんからな」

「そうか。そいつは、たすか――」

「――なんて言うと思ったか? ありえねぇよ」

「っ?!」

「俺は、『相手の提案に乗って自分からピンチを整えた上で、綺麗なフルボッコをくらったあげく、息子まで殺されるような、どっかのマヌケなM字ハゲ』とは違うんだ」

 ゼッキは、とうとうと、

「……『今のあんたの全力』が『本気の俺』を超えているって状態なら、負けたとしても『敗因』は、単純な『俺の力不足』でしかないが……ナメプかました上で負けたら、言い訳のしようがない『大戦犯』になるだろうが。そんなクソみっともない『責任』という名の厄介な『荷物』を自ら背負うマゾな趣味はない」

 当たり前の正論を述べていく。

「……どうしても今日この瞬間に『俺がどのくらい強いのか』をデジタルに試さなきゃいけないって訳じゃない。この世界には、ゼノリカって厄介な輩がいて、そいつらを倒すってのが俺の基本的な目的である以上、俺がどのくらい強いのかを試すチャンスは、この先、いくらでもある。わざわざ、あんたという、『妙に不気味な相手』でリスキーチャレンジをする必要はない」

「……」

「というわけで……死ね」

 ゼッキは、全身を包むオーラと魔力を充満させて、
 P型センエース2号との距離を一気につめると、
 情け容赦なく、
 ボッコボコにしていく。

 よどみなく、ミラージュポーンでタコ殴り。
 時折、ミラージュクイーンで高貴に追撃。
 剣の翼が煌めいて、
 ミラージュナイトが華麗に援護する。

「ぐげっ! うげっ! うぼっ!」

 聖なる殺神アスドラ・ゼッキ・ミラージュの動きは、非常に軽やかで滑らか。

 ゼッキはとまらない。
 決してナメプに走らない。
 その強大なオーラを、丁寧かつ残虐かつ凄艶(せいえん)に振りまわす。

 ゾっとするほど美しい禍々しさ。
 何度も言うが、『ゼッキの戦闘力』は決して高くない――が、
 ゼッキの戦闘力には、奇妙な色気があった。

 気付けばジっと眺めてしまう――そんな、華のある艶やかな武。
 『神に開かれた高次インテリジェンス』と、『いつか神になれる可能性を秘めた光』の甘美なマリアージュ。

 ――ゼッキは、

「存在値が今の俺に匹敵するだけあって、HPがハンパなく高いな……けど、流石に、そろそろ死ぬだろ?」

 そう言うと、
 両手にオーラと魔力を込めはじめる。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く