『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

16話 さあ、魅せてくれ。そして、俺に本気を出させろ。


 16話 さあ、魅せてくれ。そして、俺に本気を出させろ。

「おかしい……こんなはずはない……本来のゼンの素質を考えれば、この時期にDの評価をつけることすらありえないんだ……『最も大甘に見積もった上での限界値』がDのはず……なんだ、これは……このズレはいったい……」

 ※ 解(補足)。

 至極簡単に言えば、
 ソル・ボーレは、
 センエースという光の『影響力』をナメていた。
 いや、その表現は、少し間違っている。
 正式に言えば、
 ソル・ボーレは、センエースという光を、最大限に評価していたが、
 しかし、
 センエースは、そんなソル・ボーレの最大評価を軽く超えてきたのだ。


「やばい……この『コアインターフェイス(ソル・ボーレモデル)』では、戦闘力評定Dプラス以上は対応できない……出力も、現時点だと、『対ゼッキ用』に引き上げるのが限界……まずい、まずい、まずい……キッチリと詰んでいる……」

「……あんた、さっきから、俺の話、一ミリも聞いてねぇな」

 完全シカトを受けている阿修羅ゼンは、
 そこで、チラっと、稼働時間のゲージを確認する。

 フッキから『お情けで貰ったフッキ鉱』のおかげで、『稼働時間が大きなネックという、かつての底辺すぎる状況』からは脱しているが、だからといって、『時間を無限に浪費してもいい』という訳ではない。

「もういいや……あんたの錯言(さくげん)に一々構っていたら、時間がいくらあっても足りない系のアレって事がよく分かった。……というわけで、ここからは、純粋に何も考えず、ただただ全力でぶんなぐっていくんで、そこんとこヨロシク」

 瞬間移動で距離をはかりながら、
 阿修羅ゼンは、P型センエース2号を削っていく。

 この両者、
 出力的にも、戦闘力的にも『大幅な差』はないので、
 一気にカタがつくことなどはなく、
 地味に、ジワジワと、両者のHPバーが減っていくだけという、
 見ている分にはヒドく退屈な、泥仕合の様相をていしていた。

 その泥仕合が、仮に、数時間単位で引きのばせる類のものであれば、
 P型センエース2号にとっては大歓迎の『効率がいい時間稼ぎ』なのだが、

(本格的にヤバい……想像以上にゼンが強すぎる……このままだと、もって10分、長くとも20分ほどで削り切られる……)

 『P型センエース1号の戦闘力データ』や、
 『D型の余剰経験値』を、
 このしょうもない『殻』にインストールするまで、
 まだまだ時間がかかる。

 短く見積もって一時間弱。
 長くかかった場合、3時間超。

(もたない……間違いなく、その時間が経過するよりもはやく、ゼンに殺される……『対ゼッキ用のコード』を使っても……この差は埋まらない……殺されるまでの時間に変動はないだろう……というか、こっちが出力を上げたら、向こうも上げてくるから、下手したら、より早く殺されるだけに……)


 などと、考えていると、
 そこで、
 阿修羅ゼンが、

「準備運動は、そろそろいいだろ? いい加減、俺も我慢の限界だ」

 待望のゲームを買ったばかりの子供みたいに、ニっと無邪気に微笑み、

「ここだろ! ど真ん中のタイミングだ! さあ、P型センエース2号さんよ……とくと魅せてくれ! 俺に、心底『全力を出さないとヤベェ』と思わせてくれ! あるんだろ? とっておき! 今のあんたがカスに思える、最強のスーパーモード!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く