『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

13話 オラ、ワクワクすっぞ。


 13話 オラ、ワクワクすっぞ。

「――ソルエンジン、起動。モード『フィクシード・エンプティ』――」

 コアオーラをフル回転させているP型センエース2号。
 爆発的に膨れ上がっていく。

 バチバチと、電流を放ちながら、
 深みのあるオーラに包まれるP型センエース2号。


「はあぁぁ……」


 と、一度、深く息を吐いてから、

「さぁて、ゼン……こちらとしては、そのまま、黙って突っ立っていてくれると楽でありがたいんだが……どうする?」

 問われて、
 ゼンは、

(ここがドコかはサッパリ分からないが……分かる事が一つだけある)

 おもむろに、自分の両手を見つめつつ、

(使える……ここでなら……なんの問題も制限も嫌がらせもなく、俺の、まっすぐな全力が出せる……)

 『それ』を正式に理解すると、
 ゼンは、
 キっと、強い目で、
 P型センエース2号を睨みつけ、

「実は、お前を始めて見た瞬間から、ずっと……俺の奥にある塊が、『お前を超えていけ』とやかましくて仕方ないんだが……なんなんだ、これ……マジで、すげぇうるせぇ……」

 その発言を受けて、
 P型センエース2号は、
 フっと、小さく微笑んで、

「……そうだよな。お前もセンエースだもんな……だったら、まあ……『それ以外の道』は『ない』わな……」

 そうつぶやいてから、
 クっと顎をあげ、
 キュっと視線を絞ってから、

「俺(ソル)を前にしたら、黙って突っ立ってはいられない……お前の、その情動、受け止めてやるよ」

 グンと、さらにオーラを加速させた。
 見間違えようのない戦闘態勢。

 それを受けて、ゼンは、

「これは別に、どっかの身勝手なサイヤ人のモノマネって訳じゃないんだが……どうしても我慢できないから、言わせてくれ」

「お前が今、何を言いたがっているか、おおよそ見当はつくが……まあ、だからといって邪魔はしないさ。好きに歌え」


「今、俺は、すげぇワクワクしている……正直、俺は、今までずっと、『予選のダンジョンで手に入れた力』を試す機会をうかがっていた。頭のどっかで、いつも、ゼノリカの誰かが奇襲にでもきてくれないかとずっと思っていた……」


 プツプツと湧き立つ鳥肌。
 脳汁が溢れて、全身が熱くなる。

「なんせ、あまりにも異常に強すぎるから、そうそう自由には使えねぇ……けれど、この圧倒的な力を、どこかで、フルに使ってみたいと、俺は、ずっと願っていた……」

 タンッ、タンッ、
 と、体をほぐすように、片足ジャンプをしつつ、

「あんたになら、たぶん、使っていいよな? 特にハッキリとした理由とかはないんだけど、なんか、あんたになら、無茶をしてもいいって気がする。なん、いいんだろ? まあ……ダメだって言われても使うけど。何がどうとは言えないけど、あんたは放置しておくとヤバそうだから」

「好きにすればいい。というか、さっき言ったばかりだろう。聞いていなかったというのなら、もう一度言ってやる。今から、俺が、お前の情動を受け止めてやるから……さあ、かかってくるがいい」

 許しを得て、
 ゼンは、
 一度、深呼吸をしてから、


「――アスラ・エグゾギア‐システム、起動!!」


 宣言すると、
 ゼンの全てが、『殺戮の神』に包まれた。
 この世の全てを殺さんとしている、狂気的な威容。

 フッキと融合した完全状態ではなく、
 素のアスラ・エグゾギア。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く